がんぶろ

生活垂れ流しブログ

ぶらり金沢

昨晩意味無く孤軍奮闘して帰宅後、「で、明日の休みは何をするべや?」と考えているうちにふと久々に「遠出」をしてみたくなりました。となれば広島、徳島に続く『未踏の県補完の旅』ですかな!と言う事で、「日帰りで行けるまだ訪れた事の無い県」って条件であれこれ考えた結果、北陸は石川県の金沢に行ってみる事にしました。んで、どうせ早起きするからいっそのこと始発で行ってしまえ!と言う事で…



はい、行ってみました金沢に。早朝7時10分大阪発の特急「サンダーバード1号」に乗って。会社の始業時間と同じ頃に金沢駅到着っす。ちなみにコレは金沢駅前の「鼓門」と言う巨大なモニュメント。余談ですけど特急「サンダーバード」に乗り込む時は案の定、脳内にて『♪さんだぁーばーどぉー』と、あのテーマソングが鳴り響いておりました。



でもって金沢と言えば当然まずは「兼六園」であります。まあ「有名な日本庭園」って程度に思っていたのですけどいやあこれがなかなかよろしかったです。



この『根上松』とか圧巻でしたなあ。で、妙にまったりとしてしまった結果、1時間以上滞在してしまいました。しかしまあ、こういった日本庭園で落ち着くってのもどうなんでしょうか。「おやぢ」化しつつある証拠なのでしょうかねえ。



兼六園を堪能した後は隣接している金沢城公園へ。とは言っても「城址」でありまして、本丸跡とかは何だか鬱そうとした森と化していました。城址巡りと言うよりは森林散策状態。ちなみにコレは復元された「五十間長屋」って建物らしいです。中は資料館みたいでしたけど、魅力を感じなかったのでパス。



その後は歩いて少し離れた「ひがし茶屋町」って場所へ。古い町並みの保存地区だそうです。ここもなかなか良い雰囲気でしたな。



でもそんな「町並み保存地区」だけじゃあ無く、付近にも結構古い建物がたくさん残っていてなかなか良い雰囲気でした、金沢の町は。ちなみにコレはお味噌屋さん。こんな感じの古い建物があちこちにありました。おーさすが『小京都』ですなあ…などと感心したりして。


てな感じで初の金沢訪問はこれにて終了っす。相変わらずヒマに身を任せた意味不明な休日行動でございまする。