がんぶろ

生活垂れ流しブログ

リアルタイムですけど

お昼休みのいつもの喫茶店。隣の席にはお昼休みと思しき20代前半の女性販売員さんらしきグループが。そのグループさん達が不意に盛り上がったので何気なく見てみると、ひとりの女の子が財布からお札を取り出して皆に見せていました。よく見ると伊藤博文が印刷された昔の千円札。おおこりゃまた懐かしいモノを…と思いつつそのグループの会話を又聞きしておりますと…

  • わーなにコレ?初めて見たー。
  • お客さんがお支払いの時に出しはってん。珍しかったから交換してもらってん。
  • いやー、いつの時代の千円札なん?めっちゃ昔やろなあ。
  • うーん、ようわからんけどめっちゃ昔の千円札やろなあ。

いやあ、こんな文体では上手く伝わらないかと思いますが、彼女たちの中では重要文化財にも負けず劣らずな勢いで「めっちゃ昔」な扱いであったのです。いやあ…子供の頃、そのお札をリアルタイムで使用していたんですけど。何だか微妙ながっかり感が。ああ、「おっさん」なのですねえ。