がんぶろ

生活垂れ流しブログ

兵庫・摩耶山

お休み。と言う事で昨日購入したトレッキング用のパンツを早速穿いて低山登りへ。んで今回は例のガイド本から神戸の「摩耶山」をチョイス。標高698.6メートル。前に登った3つの山と比べると標高が倍近いので大丈夫かなあ?と思いつつもそのガイド本でのレベルは前の山々と同じく「初心者向け」だったので、安い電車賃で行ける(笑)この山を選択です。で、ガイド本に従って阪急・王子公園駅から登山口へと。



住宅街の急坂を上って登山口に。登山口だと言うのに既にこんな景観。地元の方々は「毎日が登山」みたいなもんでしょうなあ、こりゃあ。



こんな感じの登山道。そこそこなワイルドさ加減。までもこんな感じの道を少し登るとなだらかな道になって丁度良い休憩になったかな。



で、山頂(では無いそうです…)の展望広場「掬星台(きくせいだい)」に到着。神戸の街を一望です。そこでしばしの休憩の後、ガイド本に従って登りとは別の下山道へと進んだのですが…これが登りとは違って急坂の尾根道!『ちっくしょー、行きに楽なコースを紹介したから帰りにハードなコースを選びやがったなあ!』などと思いつつ周りの木々につかまりながら道(?)らしき傾斜を必死に下山。でようやく尾根道を下りきってなだらかな道に辿り着いた直後、ふと気が抜けたためでしょうか、足元の石か木の根っこみたいなモノにつまずいて…コケました。ああ、あの急な尾根道でコケずにここで良かったなあと思いつつも情けなさにしばし呆然と。



んでようやく辿り着いた出口にはこんな湧き水がお出迎え。この摩耶山は六甲山系なのでおお、まさにコレは『六甲のおいしい水』ですよ!って事で、黒マジックで「飲料水」と書かれた方の水を手に受けつつ一口。いやあ、流石『六甲のおいしい水』ですな、冷たくて美味かった…ような気がしましたよ。以上本日の低山登りも無事終了いたしました後は相変わらず電車内にてついつい居眠りしつつ帰宅でございます。