がんぶろ

生活垂れ流しブログ

大阪・泉南飯盛山

お休み。でも朝から今にも雨が降り出しそうな曇天。おまけに昨晩はそこそこ雨が降っていたので、本日こそは久々に山行無しの休日かいな…と思っていたら、10時前にはお日様復活。日が差してきました。天気予報を確認してみると雨の心配も無さそう。もうこうなってしまったら「山行」だよなあ(笑)と言う事で、昨晩の雨でぬかるんでいるであろう登山道を気にしつつも山行に出発してしまいました。で、本日チョイスした山は大阪は泉南郡にある「泉南飯盛山」でございます。標高は385メートル。お隣はもう和歌山県ですよ。んで、スタート地点の南海孝子(きょうし)駅から登山口のある「孝子観音」へと向かいます。



参道を登ると孝子観音の山門が。両側には仁王像。ここの仁王様はかなり格好良かったっす。久々に『仏欲』をくすぐられましたな。まあそれはさておき、その山門の奥にある本堂右横の登山口から登山開始。なかなかワイルドな登山道。急坂あり、両側から生い茂るシダをかき分けて進まなきゃならないポイントあり、さすがに踏み跡すらわからない程の「獣道状態」ではありませんが、久々に登り甲斐のある登山道です。でもって案の定、昨晩の雨の影響で「お湿り気味」の路面状態。ま、幸いにもそれほどひどくは無かったのですけど。てな状況もさることながら最も難儀したのが道標の少なさ。ここ最近は立派な道標が各所に設けられた登山道ばかり登っていたからでしょうか、それと比べると圧倒的にお粗末な道標設置状況。進んでいる道が合っているのかどうかもの凄く不安になる事しばし。おかげさまで案の定、道を間違えて引き返したりして余分な体力を使いながらもなんとか目的の泉南飯盛山の山頂に到着です。



いやあ、久々に難儀して辿り着いた山頂でしたので妙にほっとしてしまいました。山頂には誰も居らず本日も山頂独占状態。ちなみにここまでの道中も誰ともすれ違う事はありませんでした。ま、こんな天候ですしねえ。薄曇りなので眺望も白くモヤッとした感じで余りよろしくありませんでした。でまあしばし休憩した後、ガイド本に従って下山開始。



下山コースも登りと同様、ほとんど道標が見当たりません。まあでも道はこの通りしっかりとしていてはっきりわかるので、この道に従ってガイド本の目標ポイントが現れるまでひたすら進むのみって感じでグイグイと。でも頼みの綱であるその「ガイド本の目標ポイント」がなかなか現れず、おまけに日没時間も徐々に近づいてきて、かなり焦りながら進んだのでまたまた余分な体力消耗の感が。ちなみに道中は積もった落ち葉と周りの緑とのコントラストが綺麗でしたよ。



で、余りにも道標が現れないので「これはひょっとして道を間違えてしまったんじゃあ…」と不安になりながらもう引き返すわけにも行かずに必死に進んでいたらようやくこの道標が。ほっとひと安心。嬉しくて思わず記念撮影ですよ。そしてその先にはようやくガイド本の目標ポイントらしき地点も現れて道を間違えていなかった事を確認。でまあその後は順調に下山して日没前に下山完了。終点の南海みさき公園駅に到着です。いやあ、ワイルドさと言い、道標の少なさと言い、ガイド本に記載の通り『低山ながら意外に歩き甲斐がある』山でございました。でもやっぱり道標は多い方が良いっす。