読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

兵庫・白髪岳(途中撤退)

このところは休みでもなかなか山行出来ずに気が付けば前回の山行から1ヶ月以上が経過。でもって明日からもドタバタしそうなので、「今日を逃したらまたしばらく山行もおあずけかも…」と思ったので、ちょっと曇天ですけど山行に。んで、チョイスしたのはここ最近ずーっと候補にしながらも微妙に距離が遠いから選定から除外していた「白髪岳」に登ってみる事に。てな事で、JR福知山線にて丹波篠山方面へ。古市駅から白髪岳へと向かいます。



んでその道すがら、丹波篠山へと近づくにつれ徐々に空が鉛色になって来るよなあと思いつつ古市駅に降り立ってみれば…何とまあ、「こなあああああああゆきいいいいいいいい」(もはや懐かしい表記っす。)が舞い散っておりました。までもそんなにキツく降らなさそうだったので、そのまま山行は決行!って事でこんな茅葺きの家を道中にて愛でつつ登山口方面に。



登山口手前の分岐路にはこんな立派な案内図が。こりゃ登山道もさぞかし整備されているのでしょう…と、安心して進みます。



んで、生活道路(?)とはお別れして、登山口へと向かう林道に入ってみれば…ご覧の通りの積雪具合。でもまあ薄らと積もっている程度だし、どなたかハイカーさんの足跡もあったので、怯む事無く前進いたします。



ようやく登山口に到着。取り付き口付近はそんなに積雪の気配も無し…って事で、いざ入山!したのでありました。んで、登るにつれ徐々に登山道には積雪が。粉雪も止む気配無し。でも先に入ったハイカーさんの踏み跡もあったのでそのまま進んだのでありました…があ、登山道の積雪は徐々に深くなり、足下が積雪で滑りやすくなっていささか危なっかしい。おまけに今まであったハイカーさんの踏み跡が途中でこつ然と紛失。どうやらここまで来て引き返した模様。がしかし、ここで同様に撤退したんじゃ男が廃る(?)って事で、先へと進む事にしたのでありました。でふと気が付けば、粉雪だったのがいつのまにやら「ぼた雪」っぽい状態にて絶賛降雪中。あうー、しっかり「プチ雪山」状態になってしまったのでありました。



でなんとか雪の尾根道をクリアして平坦な尾根筋に到着してみれば、登山道の積雪はさらに増えて、くるぶし辺りまで雪に埋もれてしまう状態になっていたのでありました。ちなみにアイゼンなんて持ってきておりません。



…はい、そこそこ降り積もっているのでありました。でもここまで来たらもうほとんど「意地」みたいな感じで、新雪の上に初めての足跡を刻みつつ先へと向かうのでありました。



でその後、この道標の先に現れたのは…雪の降り積もった岩場でありました。しかもなかなか急峻な岩場。…って事ではい、この時点でようやく諦めがついて途中撤退を決定したのでありました。あうー。で、行きに自分が付けてきた足跡を辿りつつ慎重に下山開始。



口惜しいので先の尾根筋にある休憩場所で小さい雪だるまを作ってやりました。あーくやしい。でその後も雪が降りしきる中を自分が付けてきた足跡を辿りながら慎重に下山。そして何とか無事に登山口へと帰還したのでありました。で、来た道を戻って先の古市駅から帰路へと。そして電車に乗って丹波篠山付近を超えると…ちらちらと降っていた雪はぴたっと止んだのでありました。どうやら丹波篠山方面限定で降っていたみたいっす。てな感じで本日の山行は終了。久々に無念の途中撤退山行だったのでありました。