がんぶろ

生活垂れ流しブログ

「仏」は突然に

昨日の同窓会で恐らく飲み過ぎてしまっている事を想定しての連休っす。でまあ当然昨晩はがっつりと飲んだくれた訳ではありますが、本日は予想外にもお早めに回復。久し振りの晴れ模様って事もあって、午後になってしまったと言うのに思わず山行したい衝動も。でも時間的に無理なので、その衝動はぐっと堪えて代わりにカメラを持って近くにある巨大公園へとお散歩へ。日曜日で快晴って事もあってか、結構な人出の公園内をカメラ片手にブラブラと。でもってとある場所に近付いた刹那、ウェブ界隈で何となく見かけた「とある記憶」が海馬から引き出されたのでありました。んで、その「とある記憶」を確かめるためにその場所に向かってみると…



おお、記憶の通り、そこには忽然とこの「仏」のお姿が。おお、青色の頭部が目に鮮やかですよ。



近付いてまじまじと見つめてみました。…うぷぷっ…あかん、仏様だと言うのについつい笑いそうになってしまいますよ。



正面からも見据えてみました。…ぷっ、駄目っす、やっぱりどうしても笑えてしまいます。正面からのほうが効果絶大っす。どうもあのちょびひげみたいなんと、ルージュをひいたような真っ赤な唇の組み合わせが笑いを誘うみたいですよ、私には。んで、公園のあちこちで息吹く春の気配そっちのけでこの仏様のお姿をバシバシと撮ってしまったのでありました。いやしかし、ある意味「卑怯」ですよねえ、コレ。


ちなみにこの大仏様、NHKの特番ドラマ(コレ→NHK大阪放送局|古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」)で使用したものを展示しているらしいです。4月4日まで居てはるそうですよ。よろしかったらどーぞ。