がんぶろ

生活垂れ流しブログ

家族旅行2013夏-2日目

家族旅行2日目。んで本日は、「朝食が6時からで出発は6時50分」と言う、早朝からのスタート(笑)なので、昨晩寝る前に携帯のアラームを5時30分にセットしたのですが、まさかの「宿の空調が途中で切られて、暑くて寝苦しくて家族全員5時頃に自然覚醒してアラームの必要なし」(笑)と言う結果でありました。

f:id:gan_jazz:20130812062602j:plain

 その宿の窓からの風景。朝焼けに浮かぶ北アルプスの峰々が観られて景色は良いのですが…設備が悪くてエエ宿ではありませんでしたなあ。

んで、予定通り6時50分に出発して、まずは長野県側の扇沢駅からトロリーバスに乗って黒部ダムへ向かいます。

f:id:gan_jazz:20130812080012j:plain

 人生初のトロリーバス。一度に6台で出発していました。で、その6台のうちの1つに乗り込んで、地下トンネルを走って、これまた地下にある黒部ダム駅に到着。そこから地下道を通り抜けて外に出ると…

f:id:gan_jazz:20130812082953j:plain

 かの有名な「黒部ダム」に到着っす。目の前には立山連峰が。いやあ、今日も快晴で良かったです。そしてさすが山だけあって、めっちゃ涼しい。昼までも最高気温は17度程度なのだとか。いやあ…下界の猛暑とは、しばしのお別れであります。

f:id:gan_jazz:20130812083517j:plain

 人生初黒部ダム。いやあ、やっぱりデカい。

f:id:gan_jazz:20130812084357j:plain

 今の時期は観光放水をしていまして、コレがまたど迫力でした。放水時に水が霧状になって、晴れた日はそこに太陽の光が当たって虹が見えるとの事で、当然、バッチリ見られました。

f:id:gan_jazz:20130812084954j:plain

 ダム湖側の風景。コチラもエエ感じっす。

f:id:gan_jazz:20130812090850j:plain

 んで、黒部ダム散策終了後、今度は黒部湖駅からケーブルカーに乗って「黒部平」へ向かいます。

f:id:gan_jazz:20130812093737j:plain

 ケーブルカー。以前、立山側のケーブルカーに乗った事があるので、懐かしい感じすらしてしまいました。

で、ケーブルカーに乗ってわずか5分、ぎゅいんとトンネルを登って黒部平駅に到着。んで、外に出てみると…

f:id:gan_jazz:20130812095155j:plain

どーん。立山連峰がさらに近くに迫りました。しっかしまあ、快晴であります。いやあ、エエ日に来られて良かったっす。で、この黒部平は、立山連峰後立山連峰を一望出来る場所にありまして、北アルプスの名峰を堪能させていただきました。

f:id:gan_jazz:20130812095744j:plain

後立山連峰の名峰、鹿島槍ヶ岳がよく見えました。

f:id:gan_jazz:20130812101224j:plain

そしてお次ぎは、黒部平からロープウェイに乗って、さらに上の地点にある「大観峰」へと進みます。

f:id:gan_jazz:20130812101428j:plain

このロープウェイ、途中に支柱が1本も無い「ワンスパン方式」としては日本最長のロープウェイ(Wikipediaより)だそうで、ぎゅいーんと登りながら窓から見える後立山連峰の大パノラマはもう、圧巻でした。

f:id:gan_jazz:20130812101459j:plain

黒部湖と後立山連峰

f:id:gan_jazz:20130812101633j:plain

さっきまで居た黒部平が、あっという間に見えなくなりました。そしてこの大パノラマに見とれているうちに、あっという間にロープウェイは大観峰駅に到着。

f:id:gan_jazz:20130812103252j:plain

大観峰からも、後立山連峰の峰々を堪能。私はしつこく鹿島槍ヶ岳を愛でたりなど。

f:id:gan_jazz:20130812105802j:plain

 そして大観峰から、立山の真下を通るトンネルを走るこの「立山トンネルトロリーバス」に乗って、いよいよ立山三山のお膝元、懐かしの「室堂」へと向かいます。

んで、地下トンネルをトロリーバスに乗って進む事約10分、予定通りの午前11時頃に室堂駅に到着して、さあ、いよいよ立山連峰と久々のご対面…

f:id:gan_jazz:20130812110151j:plain

 の前に、まずは昼食の予定が入っていまして、室堂ターミナルと直結している「ホテル立山」のレストランにてお昼ご飯を。で、昼食後は1時間、自由時間となり、各自で室堂を散策。

んで私は、先週末にミスって慌てて当日中に修正した仕事の結果が気になって仕方が無かった(笑)ので、その時間を使って、室堂散策前に携帯のアンテナが設置されているであろう、室堂ターミナルの敷地内で職場に電話をして、結果確認をしてみたところ、「まだ確認していないので、すぐに確認して折り返し電話する」とのお返事。うわあ、それだと電話がかかって来るまで室堂ターミナルから離れられへんやんけ!困ったなあ…と思いつつ、時間も限られているので、ケータイの電波状況を気にしつつ、屋外に出てみると…

f:id:gan_jazz:20130812114919j:plain

どーん。お久し振りです、立山連峰。いやあ、快晴でございます。いやあ相変わらずお美しい。

f:id:gan_jazz:20130812113957j:plain

室堂からだと、端っこだけちょろっとだけお姿を拝見出来る、憧れの剱岳も無事に観る事が出来ました。

…などと言ったテンションの上がる景色を目の前にしながら気になるのはケータイの電波状況なのですが、ビックリな事に、室堂ターミナルを少し離れて散策路に入った地点でも、ケータイにはバッチリとアンテナのマークがほぼフル表示で、しかも「LTE」(笑)でありまして、いやあ、これだと自分の家よりLTEの電波状況良いやんけ…と思っていたところに職場から電話が入り無事に通話、気になっていた結果もOKとの事で、これでようやく安心して、両親と別れて単独で約3年振りの室堂散策スタート。

f:id:gan_jazz:20130812115724j:plain

コバルトブルーのみくりが池。

f:id:gan_jazz:20130812120926j:plain

地獄谷はニュースで知ってましたけど、有毒ガス噴出のため通行禁止になってました。

f:id:gan_jazz:20130812120950j:plain

さっきとは反対側からみくりが池。

f:id:gan_jazz:20130812121407j:plain

快晴と言いつつも、やはり山の天気は何とやらで、気が付くと、先程まで見えていた憧れの剣岳はガスって見えなくなってしまいました。

f:id:gan_jazz:20130812121507j:plain

りんどう池。

f:id:gan_jazz:20130812121723j:plain

血の池。

f:id:gan_jazz:20130812123609j:plain

みどりが池。

…と、なんか「池」をキーワードにして散策してますが、相変わらずの絶景を堪能しつつ、3年前の立山縦走の山行を思い出してあーこのまま登りたい…などと思いながら散策していたら、予想以上に時間が経過していたので、慌てて室堂ターミナル方向に戻る事に。ところが予想以上に遠くまで来てしまっていたようで、なかなか室堂ターミナルに辿り着く事が出来ず、最後にはトレイルランばりに遊歩道を小走りで走る羽目になった末、汗だくになりながらも集合時間ギリギリで何とか間に合って集合場所に到着。いやあ、ツアー中最大のハプニングでした。

で、短いながらも立山を堪能した後は、高原バスに乗って下界へと下ります。

f:id:gan_jazz:20130812130526j:plain

途中、高原バスの車窓から見える弥陀ヶ原高原。広大な緑のエリア。

f:id:gan_jazz:20130812142414j:plain

その後、美女平駅にて高原バスを降り、そこからまたケーブルカーに乗って、ここ立山駅に下山。いやあ、やっぱり下界は暑いっす。これで、立山黒部アルペンルートの旅は無事終了。立山駅で待ってくれていたツアーバスに乗り込んで、そこからまた約5時間のバスの旅を経て、20時頃無事に帰宅。

いやあ、3年振りの立山は天気にも恵まれて良かったです。両親も喜んでくれて、何よりでありました。