がんぶろ

生活垂れ流しブログ

2年振り東京の旅2日目

2年振り東京の旅2日目。案の定、二日酔いで始まる朝。

f:id:gan_jazz:20131231080917j:plain

でも、そんな二日酔い状態で苦しむ中、朝から昨日購入した新ラッパ、「インダービネン アルファ100」のお姿を確認したりなど。…ああ、神々しい。(笑)

で、チェックアウト時間の10時が迫って来たので、二日酔いでシンドイ身体に鞭打ってチェックアウト、同じく大塚のカプセルホテルに宿をとったひちいさんと連絡を取ったところ、実はひちいさん、昨晩はあの後、自分と別れてさらに池袋にある、以前よく通っていたお店に行って、そこで酩酊するまで飲んだらしく、10時のチェックアウト時間を過ぎても起きられず、身体が回復して動けるようになるまでもう少し時間が掛かる…って事で、まずは自分だけで本日の目的、「巣鴨とげぬき地蔵観光」に独りで行く事に。で、山手線に乗って1つ先の駅、巣鴨駅へ。

f:id:gan_jazz:20131231104734j:plain

んで、目的であった、「おばあちゃんの原宿」こと、巣鴨の観光を。

f:id:gan_jazz:20131231104746j:plain

とげ抜き地蔵。普通のお寺でした。商店街も高齢者ターゲットのお店が多い印象はありましたがまあ、フツーの商店街でしたかなあ。

んで、巣鴨観光ミッション終了後、再度大塚駅に戻って、ようやく動けるようになったひちいさんと合流して、私がもう1つ行ってみたかった場所、「池袋」へと移動。で、到着後も、ひちいさんは二日酔いで動けないので、私だけで池袋の行ってみたい場所へ。

f:id:gan_jazz:20131231121819j:plain

サンシャイン60。初めてしげしげと見上げてみました。

で、池袋観光ミッションも無事に目標達成して戻ったら、ひちいさんも何とか回復していて、この後は「築地で遅めの昼飯を食べる」事に決定。まずは池袋駅から東京駅に。で、持っている荷物を東京駅のコインロッカーに預けてから(コレがコインロッカーが全部使用中になっていて、空くのを待ってから預けるまでに、結構時間が掛かりました。)築地方面に向かう事に。

f:id:gan_jazz:20131231133430j:plain

東京駅の駅構内で見つけた「なまはげ」さんです。

f:id:gan_jazz:20131231133601j:plain

東京駅丸の内口の駅舎も、昨日に引き続き、2度目のご対面(笑)でありました。

んで、東京駅から地下鉄に乗り換えて、築地市場まで。

f:id:gan_jazz:20131231143134j:plain

 築地。人でごった返していました。年末年始のTV番組でよく見る風景。

f:id:gan_jazz:20131231144557j:plain

 で、遅めの昼食は、コチラのお店、「たねいち」さんにて、

f:id:gan_jazz:20131231145125j:plain

このまぐろといくらの乗った丼を食しました。味はまあ…普通でしたかなあ。まあ、「築地メシな気分」は堪能出来ました。

f:id:gan_jazz:20131231150944j:plain

丼を食した後は、近くにある築地本願寺に。いやあ、格好良い外観。

f:id:gan_jazz:20131231151127j:plain

 この築地本願寺がオープンなお寺でして、本堂内も入場無料。

f:id:gan_jazz:20131231151413j:plain

 パイプオルガンのある、「ちょっとファンキーなお寺」(笑)でした。

f:id:gan_jazz:20131231151843j:plain

 本堂入口脇にあった鳥の飾り。建物内の内装も格好良かったです、築地本願寺

f:id:gan_jazz:20131231152417j:plain

 で、築地本願寺を後にして、銀座方面に徒歩で向かう事に。コレはその途中にあった、かの「電通」の本社ビル。

f:id:gan_jazz:20131231153601j:plain

 銀座交差点にも、久々に訪れました。

f:id:gan_jazz:20131231154511j:plain

 銀座にあるアップルストアの道路脇に泊まり込みの行列が。恐らく新春2日の「福袋」目当ての行列かと思うのですが…いやあ、コレもTVのニュースとかでよく観た風景です。

で、有楽町駅から東京駅に戻って、預けた荷物を引き取って、新幹線の切符を購入(コレも自販機前に人が殺到していて、購入するのに結構時間が掛かりました。やっぱり東京って…ウンザリする程、人が多いっす。)して、16時47分東京駅発の新幹線のぞみ号に乗車して東京を後に。

ってな感じで、2年振りの東京の旅もこれにて終了。いやあ、収穫のあった東京の旅でありました。