がんぶろ

生活垂れ流しブログ

パッキン

今日と明日で事務所の引越…って事で、初日の本日は、早朝7時30分から、引越業者を頼んで、引越作業をエンヤコラサッサと。

で、机上の荷物類を運搬するために、 

 業者が準備してくれた、こんな引越用のダンボール箱を使わせてもらおうと思い、

  • すみません、このパッキン使ってもイイっすか?

と、同僚のみなさまに尋ねたら、全員に「?」な表情をされました。で、「え?ダンボール箱の事、パッキンって言いません?」と聞くと、一様に「言わない」と即答。

どうやら、みなさんの「パッキン」は、

この「パッキン」 だけみたいで、でも、在阪時代に勤務していた某百貨店で、ダンボール箱の事をパッキンと、ずっと呼んでいたので、この時点で、「うわー、パッキンって『関西弁』やったんかあ…」と思い、その数時間後、たまたま出くわした、今の職場に唯一存在する関西出身の他部署の人に、「ねえ、ダンボール箱のこと、『パッキン』って言うよねえ?」と「確認」してみるとなんと、その唯一の関西出身者氏も「言いませんよ」と即答。その人も「パッキン」は「水道栓とかのゴム製の部品」で、ダンボール箱では無いとの事。

で、この時点で自説の「パッキン=関西弁」説は崩壊。「えー、そんなら前の職場で呼び慣れ親しんでいた、『ダンボール箱=パッキン』ってのは、一体何なんやあああ…」と思い、引越作業初日でヘロヘロになって帰宅した後、ググってみたところ、どうやらソレは、アパレル業界の「業界用語」らしく、ああだから、アパレル業界と密接する前職場では、『ダンボール箱=パッキン』と呼んでいたのだなあ、しみじみ(?)…と、得心した次第でございます。