がんぶろ

生活垂れ流しブログ

秋田に思いを馳せる

いつもの仕事帰りの1時間ウォーキングの途中、電話が鳴ったので見てみれば、大学ジャズ研の1つ下の後輩、ひちいさんでした。

あ、そういや、数日前に2度ほど、夜中の寝ている時間に着信あったなあ、でも、どうせ大した用事とちゃうやろうし、大事な用件なら、後でメールとかで来るやろ…と、スルーしてたけど、やっぱりなんか大事な用件なんかなあ、あ、もしかしたら、いよいよ結婚するんでその報告か?…などと思いつつ電話を取ってみたら、

…やはり、大した用事ではありませんでした。(笑)

曰く、

なんでも今日、2月12日に休みが取れて、昨日から日曜日まで4連休が取れたので、もし私も今日、休みを入れて4連休に出来たのならば、彼が現在単身赴任中の新潟に遊びに来ないか?との誘いの電話をしたが、何度電話しても出なかったので、その予定は頓挫し、彼女も仕事で予定が合わなかったので、自分は今、独り旅で秋田に来ている。で、独りでヒマなので電話した。

と言う事でした。ああそうだったのですかあ。までも、どうせ今日は休みを取れなかったので、どっちにしても、彼は独りで秋田に行く運命(と書いてさだめ)だったのでした。

でもなんで秋田なん?と聞いてみたら、まあ、行った事が無かったからってのと、新潟からならそんなに遠くないからって事でしたが、その他に、ココに行きたかったからって事で、今日、行ってきたそうです。それがコチラ、

akita.keizai.biz

「ロンド」と言う、秋田の老舗ジャズ喫茶だそうです。知らんかったけど、あのビル・エヴァンス(p)が、わざわざ訪れたジャズ喫茶なのだとか。へー。

で、そんな話をして電話を切ったのですが、なんかちょっと、昨年秋に行った岩手は一関の「ベイシー」の事を思い出して、ああまた行ってみたいなあ、「ベイシー」、そしてその「ロンド」にも行ってみたいなあ、ついでに秋田の美味しい地元料理や地酒に舌鼓を打って…と、勝手にまだ行った事の無い「秋田」に思いを馳せつつ、いつもの仕事帰りのウォーキング経路を歩いたのでした。