読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

番長さすが

本日は仕事帰りに久々に名古屋は覚王山の「スターアイズ」さんに。

はい、昨日の予告通り、

f:id:gan_jazz:20160217071622j:plain

こちらの「スイング番長」の皆様のサウンドを拝聴させていただきに参りました。

で当然、店の入り口にもこのイカしたフライヤーが出てるのかと思いきや、

f:id:gan_jazz:20160217191740j:plain

原朋直さんメインのフライヤーでした。

で、ライヴ開始15分前に到着したのですが、さすがこれだけのビッグネーム揃いのライヴなので店内は大盛況、ほぼ満席で、空いてたのは最後方の端っこの席のみ。でもその後、1st Set終了後に、ママさんが「前の席が1つ空いたから、そこに移動しますか?」と気遣っていただいて、前から2番目の「ほぼ砂かぶり」な席に移動出来まして、2nd Setは間近でがっつりと鑑賞&原さんのアンブシュアを間近でしっかり観察(笑)いたしました。

いやあ、やっぱり良かったです。さすが番長。で今回、マジで勉強になったのは、

  • メンバーの皆さんがめっちゃ楽しんで演奏している

って事でした。楽器のスキルとかじゃなくて。いやあ、アンブシュアがどうとかこうとか、練習方法がどうだとか、もちろんそれも大事な事ですが、その前に「楽しんで」演奏する気持ちが大事なんだよなあと。で、もっと楽しく演奏するために練習すればもっと吹けるようになってもっと楽しくなってと…ああ、言葉で表現しづらいのですが、改めてそんな事に気付かせてくれるような、エエライヴでした。

特に、ベースの中村健吾さん、このお方もウィントン・マルサリスのバンドに加入したりした、かなりビッグネームなお方なのですが、めっちゃ楽しそうに演奏してて、それでグイグイとバンドを「スイング」させていて、それがめっちゃ心地良くて楽しくなって、素晴らしかったです。