がんぶろ

生活垂れ流しブログ

両天秤

実は何気に「決算処理」の時期でありまして、進捗状況次第では明日の土曜日は久々の「休日出勤」も覚悟していたのですが、どうにか今日までのスケジュール通りに処理をこなせたので、今週末の土日もめでたく休める結果に。

で、それならばって事で、前々から気になっていた、

f:id:gan_jazz:20160416102547j:plain

ちょっと遠いけど、同じく東海エリアは静岡県の浜松市で明日開催される、この「ヤマハ吹奏楽団」さんの定期演奏会を聴きに行こうと思いまして。フィラデルフィア管弦楽団首席トランペット奏者、デイヴィッド・ビルジャーって「外タレ」さん(笑)もゲスト出演するらしいので。

で、ウェブでチェックしてみると、指定席は既に売り切れで、当日自由席のみって事で、まあそれでもエエか…と思い、お次はウチから浜松までのアクセスを調べてみると、これが予想外に遠くて、在来線の快速だと約2時間かかる事が判明。で、新幹線を使えば1時間で行けるものの、片道5,000円程度かかってしまい、「ぷらっとこだま」でも片道3,600円。ちなみに自由席の入場券は500円(笑)。なので、トータルだと10,000円程度の出費になる訳でして。

まあでも折角だしなあ、聴いてみたいしなあ…とか思いながら、仕事帰りに名古屋駅構内の「ぷらっとこだま」を販売している施設まで歩を進めつつも、なんかモヤっとした気分。

で、その道すがら、ふと、明日の名古屋エリアのジャズライヴ情報をチェックしてみたら、「ジャズインラブリー」さんで五十嵐一生(tp)さんのライヴが。チャージは4,000円。んで、おっ?!と思い、「両天秤にかけた」結果…

浜松はパスして、ラブリーの五十嵐さんに乗り換えることにしました。(笑)

ま、アンブシュアなんか見えるはずもないであろう遠方からフィラデルフィア管弦楽団首席トランペット奏者を見聴きするよりも、間近でラッパを吹く五十嵐一生を見聴きする方が、勉強になるかと思いまして。