がんぶろ

生活垂れ流しブログ

インダービネン動機

本日は仕事帰りにジャズライヴ鑑賞に。コレを聴きに行きました。

f:id:gan_jazz:20160625141520j:plain

お目当は中村恵介(tp)さんです。東京を中心に活動するラッパ吹きさんで、今まで聴いた事が無かったってのも理由の1つですが、中村恵介さんを聴きたいっ!と思った最大の理由ってのは、

  • 自分と同じく、インダービネンを吹いている

ってトコロなのでした。インダービネン アルファ100を手に入れてから3年目の現在ですが、インダービネンを吹くプロ奏者の生演奏を聴く機会がありませんでして。ロイハーを聴きに行った時も、カーボンベルのダ・カーボにチェンジした後やったし。

んで、1st Setの始まる5分前にお店入り。平日だからかなのか、席も空いていて結構エエ席で聴けました。そしてお目当の中村さんがインダービネンを手に登場。いやあ、初めての「インダービネン仲間」なプロ奏者の音、聴かせてもらいました。やっぱりエエ音出ますなあ、インダービネン。

と、エエ音に惚れ惚れして1st Setが終了後、不意に声を掛けられて振り向いてみると、なんと、ジャズ研後輩長谷川朗くんのお連れ合いで、アルトサックス奏者の「まーちゃん」こと、側島万友美さんが。あれ?なんで?と思いながらもまあ、彼女は名古屋でも活動してるしなあと思いつつ話をしたら、明日こっちでライヴ出演があるので前日に帰省していて、ミュージシャン仲間のピアノの平光さんとベースの出宮さんが出演しているので遊びに来た模様。余談ですが、そのミュージシャン仲間の平光さんも紹介してもらったりなど。と言う事で、2nd Setでは、

f:id:gan_jazz:20160623213020j:plain

1曲、まーちゃんがシット・イン。ちなみに中村さんはこの時点ではインダービネンからマーチンに楽器をチェンジ(笑)してました。でもマーチンもエエ音してましたわ。

そしてライヴ終了後の帰り際に、ちょっとだけ中村さんとお話が出来まして、自分もインダービネンを吹いてる旨をお伝えして、インダービネン話を。ちなみに、中村さんのインダービネンは、アルファ110との事。そしてもう1本のマーチンはなんと、50年モノのデッドストックとの事。確かにめっちゃ状態が良いマーチンでした。そりゃエエ音出るわなあ。

とまあ、不純な動機?で聴きに行ったライヴでしたが、なかなか良かったっす。