がんぶろ

生活垂れ流しブログ

だっさい

仕事帰りにデパ地下に立ち寄って、「週末の酒」を購入。コレっす。

f:id:gan_jazz:20161007210840j:plain

はい、かの「獺祭」であります。いやあのね、先日別件でデパ地下の酒売り場に立ち寄った際、獺祭がいくつか店頭に並んでいまして、「わ、獺祭や!高いんやろなあ…」と思いつつ値札を見てみたら、意外にも720mlのこの『磨き三割九分』で2,500円程度。最安のものに至っては1,600円程度と、手の届く範囲だったので、それなら今度買ってみようと思っていたのでした。

んで、本日の週末に購入決行。帰宅後早速飲んでみました。

…まあ、さすがその名を轟かす「獺祭」だけあってエエ酒な印象ですが、風味がコクのある系で、キレのある辛口が好みな私には少しピンと来ませんでしたかなあ。

ちなみに「獺祭」の背景には、たまたまレコード棚から出したままにしていた、デイヴ・ベイリー(ds)の『Into Somethin'』を添えてみました。通好みのエエ作品っす。