がんぶろ

生活垂れ流しブログ

またひとり「理想形」現る

土日の「VJOムーブメント」(?)を、引きずりまくりで迎える週明けの「通勤のお供」はもちろんサドメル関係です。コレを聴いて出勤。 

Definitive Thad Jones: Live From the Village Vanguard Volume 1

Definitive Thad Jones: Live From the Village Vanguard Volume 1

 

 1988年、大将のメル・ルイスが亡くなる2年前のライヴ盤。このアルバムのオープニング、1曲目の「Low Down」にヤられました。(笑)

曲自体も軽快でエエ感じなのですが、ラッパのソロがめちゃくちゃカッコ良い。吹き始めから吹き終わりまで、非の打ち所がないほどの自分の理想形なソロでして、ちょっと衝撃でした。

で、誰やねん、このラッパ吹き!?と思いつつも、アップルミュージックで聴いているのでパーソネルは不明で、曲終わりに名前をコールされているんですけど聞き取れず、ムズムズしつつも、後でググってみたら、

  • Glenn Drewes(グレン・ドリューズ)

って人でした。?…し、知らん。恥ずかしながら、名前すら知らないラッパ吹きさんでした。うわあ、まだまだやなあ、こんなカッコエエ人をチェック漏れしてたのかあ、俺…とか思ったりなど。

で、ググったらこの人の動画も出てきました。

www.youtube.com

なんかのイベントの前座(?)で、ベースとデュオで「Now's The Time」をやってるのですが、やっぱりゴリゴリのバップでカッコエエです。こんなソロを吹きたいです。

いやあ、またひとり、理想形のトランペッターを発見してしまいました。