がんぶろ

生活垂れ流しブログ

珍しく「本欲」

SNSにてご学友で芥川賞候補作家の岸せんせーが紹介していたこの本がやけに気になって、仕事帰りに久し振りにジュンク堂に。この本っす。

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

 

 はい、すでにお察しに事とは思いますが、「本の題名に釣られ」ました。ディープ・インパクトな題名。めっきり「本離れ」な私ですら、ちょっと読んでみたくなりまして、大型書店に立ち寄ったのですが、残念ながら店頭には置いてありませんでした。人気で品薄なのかな?わかりませんけど。

で、その代わりに探してみたら、なぜか1冊だけ置いてあった、

ビニール傘

ビニール傘

 

 その岸せんせーの芥川賞候補作品「ビニール傘」…も買わずに退散。だって、その1冊を買ったら、ココのジュンク堂から岸さんの本が無くなっちゃうじゃないの!と言うのはただの言い訳っす。ちょっと懐具合が寂しかったもので。1,500円程度しか財布に入ってませんでして、その時。(笑)