読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

1週間

日常

この日やっちまった、

gan-jazz.hatenablog.com

 自動車との接触事故から1週間が経過しました。

で、この1週間で身体の方は、日々の鎮痛剤服用と湿布貼付にて、まあ、胸部の痛みはまだまだ痛みますが少しずつ良くなっている感じで、そして、足の方はほぼ完治しまして、左大腿部内側のほぼ全域に出来ていた「青タン(=内出血)」もほぼ消えかけであります。

あと、先週末の「懸案事項」であった、『人身or物損問題』も月曜日に決着がつきまして、先週土曜日に通院した歯の治療状況を、相談していた勤務先の保険代理店さんに報告したら、それを受けてその代理店さんが相手側の保険代理店さんと直接話をしてくれまして、その結果、

  • 人身事故にはせずに物損事故で処理

と言う事になりました。まあ、治療代は100%向こうから出るし、怪我と治療の程度も軽いしって事で。そして壊れた「モノ」はそれぞれ自費で修理という事になりまして、まあ、自分の望んだ「円満解決」となりまして、警察署には月曜日に電話にて「診断書は提出しないので物損事故で処理してください。」と報告したのでした。

あと、この1週間で「変わった事」と言いますと…毎日の通勤時の自転車運転がめっちゃ安全運転(笑)になりました。交差点では必ず減速または一時停止、さらにはなるべく信号機のある交差点を使う事にして、ルートを少し遠回りへと変更と言う徹底ぶり(笑)でございます。

と、そんな安全運転でチャリに乗っていると、やっぱり周りの運転が危なっかしく見えたりなど。自転車も自動車も両方っす。

特に、自宅前の川の堤防沿いの、車幅程度しかない細い道路(=事故った道路です。)は、朝の通勤時間帯だと「抜け道」として自動車がビャービャー通りまして、そんな中、昨日コッチが遠慮して道路の端っこに寄ってチャリを漕いでいると、その横を普通乗用車が平気で減速もせずにギリギリの幅で抜いて行ったりして危ない思いをしたので、これからは朝、その道では敢えて「道路の真ん中」を運転して、後ろから来る自動車を減速させながら通ってやろうと思ってます。自宅から側道のある大きな道へ出るまでの200m程度の事ですし。「この川沿いの堤防道路は車幅の無い生活道路なんだから、十分減速して、注意して通行せんとアカンのやぞ!」って事を自ら知らしめてやろうと思いまして。

と、そんな「交通安全オヂサン」(笑)な1週間であります。