がんぶろ

生活垂れ流しブログ

酒席での非礼は酒で詫び

先週金曜日の職場飲み会にて、店を出て駅方面へと向かって歩いているうちに、上司殿を含む他メンバーがどんどん先に行ってしまい、気が付けば誰もいなくなってしまっていたので「わ、一人残されて先に帰られてしもた!」と思い込み、そのまま一人で駅のホームに入って帰ったところ、実はみなさんはまだ帰っておらず、それどころか遅れて追いついてこない自分を探していたと言う事実が判明し、昨日、「エエ年をしたおっさんがみんなに挨拶もせずに勝手に帰るとは何事か!親しき仲にも礼儀ありやぞ!」と久々に厳しく叱責(笑)されたのでした。いやー確かにいつもより飲みすぎて酔いが回っていたとは言え、いろんな事を忘れてしまっておりまして、反省しきりであります。

んで、叱責はその場限りで謝罪してスッキリと終了…だったのですが、やはり自分としてはまだ謝罪が足りんよなあと思ってまして、今日、ちょうど給料も出たトコロでしたので、ふと「酒席での非礼は酒で詫びよう」と思い付き、仕事帰りにデパ地下の酒売り場に立ち寄りまして、

f:id:gan_jazz:20170425201924j:plain

ありがたくもご指導ご鞭撻ご叱責を賜ったお二方への「詫びの酒」を購入。

んで、「お二方」なのに何故酒箱が3つ並んでいるのか?と申しますれば…右端の包装されていない『〆張鶴』は自分用(笑)っす。なんか美味しそうだったので勢いで購入。までも2,000円程度です。そのうち飲みます。