がんぶろ

生活垂れ流しブログ

未踏の地補完の旅2日目:松山-岩国編

2泊3日の旅も最終日。

んで、松山でNo.1なホテルにていつも通りの午前6時頃に覚醒。

そして当初、今日は松山の三津浜港から山口県柳井港へと連絡するフェリーに乗って山口県入りして、県庁所在地の山口市か、または広島に近い岩国市を観光して、その後新幹線に乗って18時頃に大阪へと戻る…と言う計画をしていましたが、再度調べ直した結果、三津浜港柳井港ルートだとちょっと、いやかなり時間的にキビシイ事になりそうなので、予定を以下の通りに変更。

松山観光港から広島港へと入り、広島からJRで山口県は岩国市へと入って人生初山口県訪問を達成し、岩国の錦帯橋を観光後、新岩国駅から新幹線に乗って大阪へ。

といたしました。

んで先ずは、松山観光港から広島へと渡る前に、松山市の観光をせねばって事で、そのためにはホテルでのんびりもしていられないので、午前7時にチェックアウトして、朝から松山の観光へとレッツゴー。

んで初めは定番の「城」にって事で、歩いて松山城へと。

が、その松山城ってが小高い丘というか山の上に建てられたお城でして、お城まではロープウェイが通っている程の場所にありまして、これを徒歩で行くとちょっとした登山になりまして、時間的にも体力的にも厳しい。

なので、行くならロープウェイ…なのですが、その営業開始時刻が午前9時からでして、それまでの2時間を到底待っていられないので、とりあえず外観だけ見る事に。で、その外観を見るために愛媛県庁方面へと向かい、自転車通勤にて県庁へと向かう県の職員さんと思しきヘルメット姿の自転車軍団(愛媛県庁って自転車通勤を推奨しているんですかね?一様に皆ヘルメットを被って自転車に乗った人たちが、次々と県庁の中へと消えて行きまして、その光景は見慣れない者にとってはちょっと異様でした。)の流れに逆らいつつ愛媛県庁を通り過ぎ、その奥にある公園へ。

f:id:gan_jazz:20170808080351j:plain

公園からの松山城。めっちゃちっちゃい。

f:id:gan_jazz:20170808080644j:plain

さすがに徒歩であそこまで行く気にはなりませんでした。

で、とりあえず外観を確認しましたので、これにて松山城観光は終了いたします。今度来る事があったら、その際は是非とも近くまで行ってみたい(笑)なあ。

f:id:gan_jazz:20170808081258j:plain

帰りの道すがらに、愛媛県庁も記念撮影。なかなか貫禄のある建物でした。

そしてお次は、松山と言えばココ!と言う、もう1つの有名な観光地へ。松山の路面電車に乗ってそちらへと向かう事に。

f:id:gan_jazz:20170808081815j:plain

松山市最大の繁華街「大街道」にて路面電車に乗車。そして路面電車にて向かったのが、

f:id:gan_jazz:20170808084012j:plain

はいこちら、かの有名な「道後温泉」でございます。いやあ、現物はやはり風情がありますなあ。

f:id:gan_jazz:20170808084122j:plain

f:id:gan_jazz:20170808084513j:plain

で、色々な「角度」から道後温泉を観ました。

で、外観だけで堪能出来ましたので、入場料がかかる内部へは入らず(笑)に、これにて道後温泉観光は終了。

f:id:gan_jazz:20170808084906j:plain

そして、この道後温泉駅のたもとにあるバス乗り場にて、松山観光港行き9時発のバスを待ち、

f:id:gan_jazz:20170808084913j:plain

その間、近くに展示してあった「坊ちゃん列車」とかを記念撮影。と、定刻通りにバスが到着して、それに乗り込んで松山観光港へ。

f:id:gan_jazz:20170808094656j:plain

9時30分過ぎに松山観光港に到着。

そしてここから10時発の広島港行きの高速艇、その名も「スーパージェット」に乗って、1時間程度で広島港へ…なのですが、ただ、引っ掛かったのがこの高速艇の乗船運賃でありまして、なんと、大人1人片道で7,000円!もしまして、当初はこんな高い船、乗ってられるかいっ!名古屋-新大阪間片道の新幹線より高いやんけっ!…とか思っていたのですが、あれこれ考えるともうコレに乗るのがベストで「背に腹は代えられない」ので、大枚叩いて乗る事に。

んで、チケットを買って、

f:id:gan_jazz:20170808095007j:plain

スーパージェットの乗船場所に。

f:id:gan_jazz:20170808095200j:plain

んで、これがその「スーパージェット」っす。何度も言いますけど、コレで名古屋-新大阪の片道新幹線より高(以下略)

んで、スーパージェットに乗って人生初松山とは別れを告げ、瀬戸内海を渡って広島港へ。

f:id:gan_jazz:20170808112954j:plain

で、出発から予定通りきっかり1時間、午前11時に広島港に到着。

そして広島港からは路面電車に乗って広島駅へ。ちなみに広島も、

gan-jazz.hatenablog.com

 この時以来ですので、9年振りなのですねえ。

んで、

f:id:gan_jazz:20170808121838j:plain

広島駅から電車に乗って、お隣は山口県の岩国市へ。でもこれがまた各駅停車でして、電車の待ち合わせ時間を入れると1時間程度掛かって

f:id:gan_jazz:20170808132548j:plain

終点でもある岩国駅に到着。駅がなかなかレトロでありました。

f:id:gan_jazz:20170808132556j:plain

停車していた電車もレトロな感じでついつい記念撮影。

f:id:gan_jazz:20170808133346j:plain

岩国駅外観。と言う事で、これにて人生初の山口県入りをいたしまして、中国と四国の県を全て踏破いたしました。パチパチパチ。

そしてお次はまた路線バスに乗って、駅から約15分の場所にある、岩国と言えばコレ、

f:id:gan_jazz:20170808140154j:plain

はい、錦帯橋の観光に行きました。なかなか美しい橋ですなあ。

んで、この錦帯橋を渡るのにも料金300円が発生(笑)しまして、でもさすがにコレばかりはお金を払って橋を渡っとかなアカンでしょうって事で、通行券を買い求めて橋を渡って向こう岸に。

f:id:gan_jazz:20170808141104j:plain

橋を渡った向こう岸には、佐々木小次郎の像と、そして奥の山の上には岩国城がありました。

f:id:gan_jazz:20170808141157j:plain

岩国城ズーム。今回訪れたお城はその全てが山の上にありましたなあ。ちゅう事で、この岩国城にも時間の都合で立ち寄る事は出来ず、遠景を拝んだのみとなりました。

f:id:gan_jazz:20170808141617j:plain

錦帯橋のすぐ近くまで近寄ってみました。川で水遊びをしている子供たちが気持ち良さそうでしたなあ。

f:id:gan_jazz:20170808141809j:plain

なかなか精悍です。

f:id:gan_jazz:20170808142009j:plain

岩国市の桜の標準樹がありました。ここは桜の名所でもあるそうです。

んで、錦帯橋を渡って前来た場所へと戻った頃には、時計の針が14時30分を過ぎていたので、路線バスにて新岩国駅へと向かう事に。そして、14時45分の新岩国駅行きの路線バスに乗って、

f:id:gan_jazz:20170808150425j:plain

15時過ぎに新幹線の新岩国駅に。ちなみにこの駅も人生初。

f:id:gan_jazz:20170808152220j:plain

そして、1時間に1本(!)の新幹線こだま号、15時35分発のこだま号新大阪行きに乗ります。人生初山口県とはこれにてお別れっす。

f:id:gan_jazz:20170808153118j:plain

やって来た車両はJR西日本の「700系レールスター」でした。いつものJR東海のとは色が違って妙に新鮮でありました。

んで、新岩国駅からお隣の広島駅にて途中下車し、広島駅からのぞみ号に乗り換えて一路大阪へ。のぞみ号はひょっとして混んでいるかな?とか思いましたが、そんな事は全然無くて、余裕で座れましたな。

んで、18時ちょい前に無事に大阪駅まで辿り着き、コレで一安心したら不意に、今日もまた朝から何も食べずに行動していた事に気が付き、ちょっとここいらで何か食っとかなアカンなあ…と思いまして、ふと思いついて、大阪駅前第3ビルのコチラ、

billion-log.com

「踊るうどん」さんにて、いつもの「肉まいたけ天温玉生じょうゆ」を。

f:id:gan_jazz:20170808180614j:plain

久々に食べたらやっぱり美味しかったです。

んで、腹を満たして、この後は、大阪→高知→松山→広島→岩国→大阪と2泊3日で巡り歩いた、その「〆」として…ニューヨークに行って来ます。(笑)

意味はこの後わかるかと。