がんぶろ

生活垂れ流しブログ

京都・三上山

最近はお休みで雨が降っていなければ「山行」に。本日は例のガイド本から京都南端の三上山を選択。標高473メートル。以前に登った滋賀は野洲の『三上山(みかみやま)』(→2008-11-22 - がんぶろ)と同じですけどこちらは『さんじょうさん』と読むそうです。あーややこしい。で、起点のJR大和路線は加茂駅へと。まずは加茂駅から「恭仁(くに)京跡」へと向かいます。



この「恭仁(くに)京」ってのはあの平城京から遷都されて3年間だけ存在した都なのだそうな。今の今までその存在を全く知りませんでしたよ。その恭仁京跡の後ろに見えているのが本日の目的地である三上山ですよ。んで、恭仁京跡から北上して登山口に到着。まずはコース途中の「海住山寺」を目指します。



そこそこ勾配のキツい登山道を登ると海住山寺の境内に辿り着きます。目の前にはどーんと国宝にも指定されている五重塔が。いやー流石に国宝ですなあ。んで、境内の敷地内から延びる登山道に再び取り付いて一旦林道に出た後に続いては『冒険の道』と名付けられた登山道へ。



こちらが『冒険の道』への分岐点。しっかしまあ『冒険の道』って何だかドラクエみたいだなあ…と思いつつ正面に延びている山道を直進。ところが、ガイド本には『丸太階段を登る』って書いてあるのにいつまでたってもその丸太階段が現れない。おかしいなあ…と思いつつ進んでいくと、何とまあ行き止まり。その時点で道を間違えた事に気が付きました。約10分のロスタイム。分岐点に引き返してよく確認してみると看板の矢印のとおり、左側の斜面に細くて急勾配の丸太階段が。うわー見落としてしまいました。で改めてその『冒険の道』へと進んだところ、これがまたなかなかの急勾配。おまけに距離が長い。久々にちょっとヘロヘロになってしまいました。いやあ、最初の「行き止まりダンジョン」(笑)と言い、予想外の急坂と言い、勝手に『冒険の道』を堪能してしまいましたよ。



でその『冒険の道』を堪能した後にようやく三上山の山頂に到着。山頂広場には立派な展望台があって360度の大パノラマを満喫出来る…と例のガイド本には記載されているのですが、ご覧の通りの薄曇り状態で微妙な眺望。うーむ。んで、その展望台を独占して暫時休憩後下山開始。下山は先の『冒険の道』とは別の登山道を快適に(笑)下って終点のJR奈良線棚倉駅に無事到着して本日の山行終了っす。ちなみにど平日である本日は1人のハイカーさんにもすれ違う事が無い完全単独山行でございましたよ。