がんぶろ

生存記録兼報告ブログ

辛辣、だけど…(PLAN 75)

土曜日。

で、まだいつもの地元シネコンは改装中で休業しているけど、たまたま家から車で30分程度のところにあるシネコンで観てみたい作品が上映されていたので、正規料金1,900円を支払って鑑賞。この作品っす。

www.youtube.com

「PLAN75」。今年のカンヌ国際映画祭で賞を獲った話題の作品ですな。とにかくこの衝撃的なまでのあらすじを見て、めっちゃ観たくなったのでした。

あらすじ
少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン 75>が国会で可決・施行された。 様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。 夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン 75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン 75>の申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。また、フィリピンから単身来日した介護職のマリア(ステファニー・アリアン)は幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン 75>関連施設に転職。利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に臨む日々を送る。 果たして、<プラン 75>に翻弄される人々が行く着く先で見出した答えとは―――。

で、コレとかその他の評判を見聞きして、正規料金でも観てみたい!と思ったのですが、いざ実際に観てみると、うーん、ちょっと期待を外されたと言うかスカされた印象でしたかなあ。

確かに内容も面白かったし、主演の倍賞千恵子さんの演技っちゅうか佇まいが素晴らしかったのですが、この現代日本にグサリとくさびを打ち込むようなテーマを投げつけた割には、その打ち込みが甘いと言うか、浅いというか、そんなにガツンと奥深くに食い込む程でも無かったような、そんな印象でありました。もうちょっと衝撃的なネタをガッツリやってくれても良かったかなあ…とか、個人的には思ったりなど。

までもネタバレになるけど、ラスト近辺で『75→65への引き下げも検討』とかニュース音声で流れている仕掛け?とか、結構ドキッとしましたけど。

つまらんと面白いのはざま(あなたの顔の前に)

今週は仕事帰りに2回もライブ鑑賞に行って忙しい?平日でしたけど、週末金曜日なので、今日も仕事帰りにいつもの映画鑑賞に。この作品を鑑賞。

www.youtube.com

韓国映画。韓国の名匠、ホン・サンス監督作品…ちゅうても、その「ホン・サンス」さんってお方の存在は知らんかったけど。(笑)そして事前にレビューをチェックしてみるとまあ、評点はそこそこ高いけど、空間や静寂で心情を表現する的な、内省的な作品っぽい。までも、上映時間も85分で短めだし、そしてなんと言っても退社時刻と折り合いの良い上映だったのでチョイスしてみたのでした。(笑)

うーん、まあ、なんちゅうか、「っぽい」作品でしたな。(笑)つまらんなあと思ったりした時もあれば、後半なんかはめっちゃ面白くなったりして、なんか不思議な感じでしたかなあ。つまらんと面白いのはざまをユラユラと浮遊してるような、そんな感想。コレがホン・サンス監督の『世界』なのでしょうか。知らんけど。(笑)

ザッツ・エンターテイメント

今夜もまた、

gan-jazz.hatenablog.com

一昨日の火曜日に引き続き、ど平日の晩にライブ鑑賞。とある理由で聴きに行きたいライブがあって、でもその店が今まで一度も行った事が無いジャズクラブなので勝手が分からないから、わざわざ予約を入れたのでした。

で、それだけ使命感?に駆られて聴きに行くライブってのが、

コレ。玉川健一郎(vo)さんと後藤浩二(p)さんのデュオ・ライブ。ちゅうのも実は、ウチのフルバンが行う8月のイベントで、玉川健一郎さんと共演する事になってまして。

と言うのもある日、フルバンメンバーのひとりが玉川さんのライブを聴きに行ってお話をした際に、

gan-jazz.hatenablog.com

昨年8月に亡くなられたウチのフルバンのベーシストさんと玉川さんが親交があった事がわかり、そのベーシストさんの追悼ライブを開催して共演する運びとなったのでした。

そんな玉川さんが地元のジャズクラブでライブをするって情報を得たので、コレはご挨拶も兼ねて聴きに行っとかなアカンなあ…と思いまして。

ちゅう事で、退社後に「The Wiz」さんへ。ちなみに初訪問。トランペッターの出演が少ないお店な印象。なので行く事が無かったのかも。

場所的には、名古屋の老舗ジャズクラブのラブリーさんの近く。

初めてのお店なのでビミョーに緊張したりなど。おっさんのくせに。(笑)

そして19時過ぎからライブ開始。名古屋ではお馴染みのピアニスト、後藤さんとのデュオで、玉川健一郎さんのヴォーカルを満喫いたしました。いやーなんか、めっちゃ「ショー」でした。ザッツエンターテイメント。トークと歌で綴るディナーショー。

そして、まあ当然と言っちゃあ当然かもしれませんが、めっちゃ歌上手いっす。(笑)カッコ良いです。なので、ライブを聴いている間ずっと、こんな方と共演するなんてヤバいなあ、気合い入れて練習せなアカンなあ…と思ってました。(笑)

で、玉川さんは北海道在住なのですが、名古屋にもファンの方がいっぱいいらっしゃるようで、今日も店内は常連のファンの方々が沢山いらっしゃって、玉川さんはセット間の休憩中もその常連の方々のテーブルを廻ってお話しされたりしていたので、それに割って入る勇気も無く(笑)、ライブ終了までお話出来ーず。

そしてライブ終了後も状況は変わらず、ああちょっと話し掛け辛いからどうしようか、諦めて帰るか…とか思っていたら、丁度自分の真向かいに座っておられた常連さんのところに玉川さんが来られたので、意を決してえいやーっと玉川さんに話し掛けて、8月に共演させてもらう社会人ビッグバンドのメンバーですって事を伝えたら、あーそうなの!と、とてもフレンドリーに対応して下さり、ああ、こんだけファンの常連さんがいらっしゃるのも頷けるなあとか思ったりなど。

で、晴れて玉川さんにもご挨拶出来たんで、安心して退店。(笑)いやーでも、本番までにしっかりと練習しとかなヤバいですわ。(笑)

潔し

6月22日。夏至です。一番昼間が長い日。確かにそんな気もしましたかなあ。

と、そんな話題とは関係無く、ネタは今日の一枚。コレを聴きました。

ギタリストのパスクァーレ・グラッソさんの新作。その名もズバリ『Be-Bop!』って事で、このタイトルでピキピキ8ビートのフュージョンやったら怒るでシカシ!と、亡き横山やすし師匠よろしく聴き始めましたがまあ、このタイトルなのでもちろん4ビート、しかもタイトルに偽り無しな、ゴリゴリのビバップでした。(笑)

でもホンマにバッキバキのビバップ作品。今どきこんなん売れるんか?と、心配してしまう程のビバップ・アルバムですわ。いやー潔い。気に入った。(笑)

音とリズムの洪水に身を委ね

ど平日の火曜日ですが、今夜は仕事帰りにライブ鑑賞へ。

ちゅうのも、広瀬未来くん率いる

このビッグバンドがツアーで名古屋にやって来るから。会場はお馴染みのミスター・ケニーズさん。

で今週は早番シフトなので、いつもより早めにっちゅうても19時10分頃ですが、お店に入って前から2番目の席に。でもって久々に夕食込みのお食事をって事で、シラスと大葉のピザを注文し、食べながらライブ開始を待ったりなど。

そして19時30分過ぎからライブ開始。

いやあ、やっぱり今回も素晴らしかったです。

昨年11月にリリースした、

Relight Delight

Relight Delight

Amazon

このアルバムの収録曲を中心にしたセットリストで、実はこのアルバム、聴いていなかったので(笑)めっちゃ新鮮でした。

しっかしまあ、改めて『広瀬未来』って人の才能を肌で感じた気分っすわ。もう、音とリズムの洪水。カッコ良かったですわ。あんな楽曲アレンジや作曲が出来て、ラッパも上手くて、オマケにナイスガイと来るので、もう…『最強』っすな。(笑)

あと個人的には終演後にピアノの中嶋徹さんと初めてお話し出来たのが嬉しかったっす。

ワシらのちょっと上の先輩で、自分が大学に入ってジャズをやり始めた当時から大阪のジャズシーンで活躍されていたお方。ジャズ研同期のひらのさんが、外仕事でキャバレーのバンドとかで演奏していた時にもメンバーの一員だったりで、ひらのさんからお名前をよく聞いていたお方で、当時の事をお話しして、ひらのさんの名前を出したら憶えていて下さっていて、嬉しかったっすな。(笑)

絶妙…に物足りない

今日の一枚は、

The Lighting of the Lamps

The Lighting of the Lamps

  • グラント・スチュワート & Bruce Harris
  • コンテンポラリー・ジャズ
  • ¥1528

ニューリリースにUPされたてホヤホヤのコレ。テナー奏者、グラント・スチュワートの新作。

当然、グラント・スチュワートの名前は知っていて、おまけに現在のジャズシーンで引く手あまたなトランペッター、ブルース・ハリスも参加してるって事で、それだけでも魅力的な作品な訳ですが、それ以上に魅力的だったのがこのジャケット。そーなんです、

gan-jazz.hatenablog.com

この時と同じく@jazgraさんのイラストのジャケットなのです。いやーそれならまたコレも間違いないわ、イカしたハードバップやわ…と言う事で、実は昨日UPされているのを知ったのですが、今日の通勤のお供とするために、聴かずに取っておいたのでした。(笑)

で、朝からワクワクさんで聴き始めたけど…むう、なーんか、1曲目から絶妙に微妙な印象。確かにハードバップなんだけど、なーんか「もっさい」感じ。

で、たまにおっ!エエ感じ!とか思うトコロもあったけど、やはり全体的には「もっさい」かなあと。敢えてこの路線なのかも知れんけど、個人的にはもうちょっとキレが欲しかったなあ。

あとやっぱりそう感じるのは、ブルース・ハリスさんがビミョーに自分の好みと違うからかも。めっちゃ上手いんだけど、フレーズが中途半端っちゅうか振り切れていないっちゅうか、アレコレと盛り込んでトータルでパッとしないような印象。

めっちゃ自分のラッパのスキルを棚に上げて語ってますが。だったらお前はどーやねん?と問い詰められたら…ぐうの音も出まへんが(゚Д゚ )ナニカ?

フルバン練習帰阪(168回目)

6月第3日曜日ですので。フルバン練習の日ですので。帰阪しますので。

ちゅう事で、梅雨の晴れ間となって暑くなりそうな中を午前9時過ぎに家を出て大阪方面へ。

で今日は安定?の「フルバン練習帰阪定番モード」にて行動を。大阪入り後まず向かったのが、

はいな、SUBですわ。今日は店主御一家は旅行に行っていて不在だけど店は開けてます、顔馴染みのベテランバイト、りんちゃんが入ってくれているので行ったって下さい!と、先々週に長谷川氏に告知されてましてん。

で今日は11時30分頃にお邪魔して、

ローストビーフサンドをいただきましたよ。1時間ほど居させてもらいました。

で地下鉄に乗り込む手前でこんなポスターを発見。

八尾のえだまめ。名産やったっけか?知らんかってんけど。で、なんか大阪に来たっぽいから記念撮影。いつも「帰阪」を謳いつつ、UPしてる画像はSUBか神戸のジャムジャムさんばっかりなので(笑)、たまには大阪っぽい画像を…と思いまして。にしても、それが八尾のえだまめのポスターってのもアレですな。(笑)

と、そんな事をしつつ、今日は開始時刻ピッタリの13時に練習スタジオ入り。

で今日も、来たる8月のイベントに向けての合奏練習。んで、今日は個人的に、

gan-jazz.hatenablog.com

この時に目論んだ「後戻り作戦?」を、実戦の場にてトライ。結果、音は細いけど今までよりかは高い音が出て、4時間吹いてもそれ程バテないので、方向的には間違っていないかと。針の穴程だけど、光が見えたような気が。

そして練習終了後は…パターン通りに神戸元町へ。(笑)

んで、18時に元町に到着。で、先ずは三宮神社さん方向に。この時間だと確かもう閉まってるよなあ、でも日も長くなったから、もしかしたら閉める時間を遅くしてたりするかも…とか思って、とりあえず向かってみたのですが、

やっぱり閉まってましたわ。(笑)そりゃそうか。

でその後は当然、

ジャムジャムさん。本日もリスニング席最前列。までも今日はちょっとビミョーでしたかなあ…(´Д`υ)))ポリポリ…などとほざきつつ、今日も珈琲1杯で1時間30分ほど居座った後に退店したんですけど。(笑)

そして20時台の新幹線にて帰路へ。その後22時に帰宅して6月第3日曜日のフルバン練習帰阪は終了。