がんぶろ

生存記録兼報告ブログ

フルバン練習帰阪(171回目)

7月第3日曜日。'`ィ (゚д゚)/フルバン練習帰阪の日ですな。まあ、コロナ第7波の勢いは止まってませんが、感染防止策をしっかりと行いつつ帰阪をば。

で今日は練習前に必ず立ち寄る谷九の「SUB」はお休みなので、練習スタジオに直行。練習開始が13時スタートなので、普段より遅めの出発。

そしてこのパターンだと、新幹線の車内で軽い昼食を食すべく、ここ最近はデパ地下で食料を買い求めるのですが、

今日はホームの売店でサンドウィッチ。そして初めて練習前に飲酒。なーんか、あれこれ考え事をしていたら飲みたくなったので。ちゅうても、350ml缶ビール1本ですが。なんかねえ、ここ最近の、自分のジャズとラッパに対するモチベーションの事を考えていたら、やるせなくなりまして。(笑)で、車窓を眺めつつサンドウィッチを食べて、缶ビールを飲みながら、大学生の時にジャズに出会ってのめり込んだ頃に「耳タコ」で聴いていた、

クッキン(SHM-CD)

クッキン(SHM-CD)

Amazon

マイルスの『クッキン』を聴きながら、あれこれ思いを馳せたりなど。

そんな事をしていると、あっという間に大阪入りしますわな。名古屋からだと1時間ですからー。(笑)

で今日も密を避けるべくJR乗り継ぎにて練習スタジオ最寄駅へ。

大阪環状線に乗り込んだら、発車時刻まで2分ほど停車していたので、その間に窓越しにいつもの梅田の風景を。大阪も快晴で暑いっすなあ。

そして13時ほぼピッタリに練習スタジオ入り。今日も21日のイベントに向けての最終調整的合奏練習を。でもメンバーに数名が急遽欠席で、その理由が「発熱して体調不良」とか「身内がコロナに感染して濃厚接触者になった」とかで、コロナ第7波の影を身近に感じたりなど。

で、17時に練習終了後は、コロナ第7波感染予防対策って事でサクッと解散…したのですが、私的には土曜日から夏季休暇に入って明日も休みなので、このままサクッと帰るのもアレなので、せめてあそこだけには立ち寄ってから帰ろうって事で、

はい、神戸元町へ。久々にモトコー側の改札口から降りたんで、モトコーの入口を記念撮影。チラッと見たけど、店はほとんど閉まってるっぽい。確か再開発で無くなるんだよな、モトコー。

そして、モトコー側の改札から降りたのには理由が。はい、晩飯を先に食べようと思ったのです。ちゅう事で、行きつけ?の、店内のBGMが神戸らしく?ジャズの流れる「やよい軒 神戸元町店」へ。(笑)久々に「神戸でビーフ」を喰らうべく、『カットステーキミックスなんちゃら定食』ってのを食券自販機で買い求めたら、

コチラが運ばれて来ました。肉だけのつもりだったのが、エビフライとかチキン南蛮?とかが一緒の『ミックス』定食で、どうやら見間違えたっぽかったけど、コレはコレで美味しゅうございました。

んで、腹を満たした後、19時チョイ前にいつものあの「聖地」(笑)へ。

あい、ジャムジャムさんっす。今日は出入口に近めのリスニング席に。ちゅうのも、いつも陣取る最前列だとスマホの電波が届かなくて何も出来ないんで、だったら出入口付近なら電波入るとか?と思ったのですが…一緒だった。(笑)ジャムジャムさんは地下だから電波状況が悪くて、ここ最近は特に悪くなった印象が。フリーWi-Fi、入れてくれんかなあ。

さらに入店して1時間ほど経過したら、おもむろにフュージョン系のビートの効いたレコードがかかり始め、「!」と思って時計を見たら20時を過ぎていて、コレは過去に経験した「バータイム」的なモードに突入したのだと確信し、それならば長居は無用と言う事でお店を後に。

そして21時台の新幹線に乗って帰路へ。新大阪駅始発を選んだから、そんなに混んでいなかったかな。で、22時過ぎに帰宅して本日は終了。

おフランスのおバカ映画に拍手(バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー)

何か嫌な事があって、それから逃げるかの如く、怒涛の4日連続映画鑑賞。(笑)

今日は地元シネコンでコレを観ました。

www.youtube.com

フランスのコメディ作品、「バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー」っす。

この作品もコレと言って観たかった訳でも無かったけど、地元シネコンでの上映作品で観たいのがコレくらいだったのでチョイスを。

でもコレが思った以上に良かったっちゅうか笑わせてくれました。ちょっとやり過ぎなパロディ満載で、観ているコッチが「そこまでやって大丈夫?」とか思ってしまうほど。ハリウッドのヒーローものを惜しげもなくパロってます。観ていて痛快なほどにパロってます。しょーもない小ネタが満載で、爆笑から失笑まで、あらゆる笑いを提供してくれます。

いやあ、笑わせてくれました。ストレス発散にはうってつけの作品。おフランスのおバカ映画に拍手ですわ。

圧倒的やり過ぎ感(哭悲 THE SADNESS)

週末金曜日。で、明日から恒例の夏季休暇なんです。

なのでそりゃあ、仕事帰りに映画鑑賞しとかなアカンっしょ!って事で、先週末に映画鑑賞出来なかったのを取り返すかの如く、3日連続の映画鑑賞をば。(笑)

んで、仕事帰りの時間と折り合いの良い時間帯での上映作品をって事で、今日は駅前のシネコンにてコレを鑑賞。

www.youtube.com

「哭悲 THE SADNESS」。台湾のホラー作品。全然観るつもりも無かった作品でしたが、仕事帰りの時間帯とバッチリな時間で上映してたのがコレだけで、チェックしたらまあ、それなりに面白そうだし、R18だし(笑)って事でチョイスを。こんなあらすじですわ。(Filmarksさんより。)

あらすじ
謎の感染症に長い間対処し続けてきた台湾。専門家たちに“アルヴィン”と名付けられたそのウイルスは、風邪のような軽微な症状しか伴わず、不自由な生活に不満を持つ人々の警戒はいつしか解けてしまっていた。ある日、ウイルスが突然変異し、人の脳に作用して凶暴性を助長する疫病が発生。感染者たちは罪悪感に涙を流しながらも、衝動を抑えられず思いつく限りの残虐な行為を行うようになり、街は殺人と拷問で溢れかえってしまう。そんな暴力に支配された世界で離ればなれとなり、生きて再会を果たそうとする男女の姿があった。感染者の殺意から辛うじて逃れ、数少ない生き残りと病院に立て籠もるカイティン。彼女からの連絡を受け取ったジュンジョーは、独りで狂気の街を彷徨い始める。

アジアン・スプラッタホラーってジャンルがあるのか知らんけど、そんな感じ。現代のコロナ禍を連想させるような設定はリアルだったかな。あと、未知のウイルスに感染してゾンビ化した人間が、意志とか感情を持っているって設定が目新しかったかな。

とは言え、なんか圧倒的にやり過ぎで、血はありえんほどドバドバ出るわ、意味なく過剰なスプラッタシーン満載だわで、なんかもう、怖さを通り越して笑えてくる程。もうちょっとリアリティを出して怖がらせて欲しかった気も。エンドロールでデスメタルが高らかに鳴り響いた時、その「しっくり」さに思わず笑えて来たし。(笑)

と、そんな文句言ってる割にはガッツリと魅入ってしまっていた自分が居て、あれ?とか思ってしまったりもして、なんか不思議な魅力?のあった台湾ホラーだったかなあ。でも、もう1回観たいとは思わんけど。(笑)

パークとワールドのコラボで大団円…なのか(ジュラシック・ワールド 新たなる支配者)

有給休暇の本日は、地元シネコンでコレを鑑賞。

www.youtube.com

はいー、2022年夏映画のビッグタイトル、「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」ですわ。まあ、このシリーズもそれなりに観続けて来てるんで、その締めくくりの作品って話なので観たくなった次第で。

でもそれなのに…っちゅうか案の定、途中で寝落ちしましたわ。いやー長いて、2時間27分は。中だるみしてしもた。見どころの1つとか言われていて楽しみにしていた『ヴェロキラプトルとの市街地でのバイクチェイスシーン』とか、盛大に見逃したし。(笑)

とは言え、それなりに見応えもあって、前シリーズの『ジュラシックパーク』と、現シリーズの『ジュラシックワールド』の主要キャストが共演するところなんかは、シリーズのファンとしてはたまらないところだったかなあなどと思ったり。

まーでも、総じて「盛り過ぎ」でしたかな。ラストだからって事でてんこ盛りし過ぎでお腹いっぱいになってしまった印象っした。

問題の多い料理店(ボイリング・ポイント 沸騰)

明日が有給休暇なので、仕事帰りに映画鑑賞へ。いつものミニシアター系映画館にてコレを鑑賞。

www.youtube.com

「ボイリング・ポイント 沸騰」っす。仕事帰りすぐの時間帯で上映されていたのがコレだったんで。そんなに観たいとは思っていなかった作品。こんなあらすじ。映画.comさんより。

ロンドンの高級レストランを舞台に、オーナーシェフのスリリングなある一夜を、全編90分ワンショットで捉えた人間ドラマ。一年で最もにぎわうクリスマス前の金曜日。ロンドンにある人気高級レストランのオーナーシェフのアンディは、妻子との別居や衛生管理検査で評価を下げられるなど、さまざまなトラブルに見舞われて疲れ切っていた。そんな中、アンディは気を取り直して店をオープンさせるが、あまりの予約の多さにスタッフたちは一触即発状態となっていた。そんな中、アンディのライバルシェフが有名なグルメ評論家を連れて突然来店し、脅迫まがいの取引を持ちかけてくるが……。主人公アンディ役を「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」「アイリッシュマン」のスティーブン・グレアムが演じる。監督は新鋭フィリップ・バランティーニ。

意外と面白かった。タイトルが『ボイリング…』だから『ボイル=煮る』で、料理にフォーカスされた内容をイメージしていたらそうじゃなくて、『沸騰=人の感情』を意味してました。良い意味で裏をかかれたかな。

あと、この作品の目玉?売り文句?にもなっている「ワンカット撮影」がめっちゃ自然で綺麗でしたな。よっぽど綿密なリハーサルをしているのかと。

ついでに全然余談ですけど、劇中でオーダーされる、この高級レストランのワインが200ポンドなんすけど、ふと「200ポンドって幾らなん?」と素朴な疑問が舞い降りて、後で調べてみたら…32,000円!ワイン1本32,000円!高っけー!

今年は最終の大安吉日に

このところ毎シーズン買い求めている「ジャンボ宝くじ」、この夏の「サマージャンボ」も勿論、買うつもりにしてました。ブログのネタにもなるし。(笑)

…とか思いつつ不意に油断して、気が付けば8月。そして発売最終日は8月5日。

っちゅう事に昨日気が付いて、慌てて残りの日で「お日柄の良い日」をチェックしたら、本日2日が2022年サマージャンボ宝くじ発売期間で最後の大安吉日。

と言う事ではい、

仕事帰りに買い求めました。今回も職場の「ジャンボ宝くじ同好会」のも含めて5セット。

ちなみに、この中で個人的に買い求めたのは、サマージャンボミニのバラ1セットっす。小市民なのでミニ。(笑)

いきなり!(団子の方)

仕事帰りに駅のコンコース?地下通路?に出店してるのを見かけて、ついつい買い求めたりなど。コレっす。

熊本名物「いきなり団子」でございます。なーんか食べたくなって。ちゅうよりも、ブログのネタにしたくて(笑)買い求めてしまったのですが(゚Д゚ )ナニカ?

で帰宅後食してみました。まあ、美味しかったです。でも、さつまいも感が少なかったような。あんこの存在が大きくて、フツーの団子っぽかったかも。(笑)