読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

岐阜・養老山(2回目)

前回の山行から約2ヶ月が経過。すっかり秋になって、お得意の「低山行」シーズンも到来しているって言うのにどうもそんな気になれずにいたのですが、ここ数日の快晴っぷりで流石に「山行欲」がメラメラとかき立てられてしまった結果、ハロワもリクルートもお休みで快晴な日曜日の本日、久々の低山行を決行。んでたまたま地元局のニュースで「養老の紅葉が見どころ」と報じていたのを見て、ふと一昨年の同時期に見事な紅葉を堪能させていただいた「養老山」を思い出した結果、その養老山に登る事に決定。んで、既に3回目になった登山口、養老の滝へと向かいます。到着してみたら案の定、紅葉目当ての人で朝から盛況な養老の滝でありました。流石、快晴の日曜日ですよ。んで、そんな一般観光客(?)の皆様に混じって養老の滝方面へ。そして皆様お目当ての滝には目もくれず(笑)、その横をすり抜けて私は上にある登山口へ。前回その綺麗さに圧倒された「旧牧場」方面の林道を進みます。



んで、少し登ると早速、こんなキレイに紅葉した樹々がお出迎えでありました。おー綺麗。



そんな見事に紅葉した樹々に囲まれて、広くて緩やかなこんな林道をのんびりと紅葉を愛でながらトコトコと登ります。



『登山道にぎっしりと積もった落ち葉』って情景が、何故か好きなのであります。



と、そうこうしているうちに「旧牧場」にすんなり到着。そして「笹原峠」を経由して養老山手前にある、広い園地が整備されている小倉山に到着。標高841メートル。流石の日曜日だけあって、園地に設置された東屋やベンチには同輩のハイカーさんがいっぱい。流行の『山ガール、山ボーイ』関連の方々もしっかりといらっしゃいましたよ。んで、到着時間が丁度お昼過ぎだったので、空いているベンチを確保して眼前に広がるこんな風景を見ながら私もお昼の大休憩を。隣の東屋を占拠して小型バーナーとコッヘル(携帯用の小型調理器具)で「チーズフォンデュ」なんぞを楽しむ小洒落た山ガール&山ボーイのパーティーの横で、ひとりいつもの定番山行昼食『ソイジョイ』をかじった(笑)のでありました。



んで、小倉山でのお昼大休憩(と言ってもたかだか20分程度)の後、その小倉山山頂園地から20分程度の養老山へ。前回に『三角点があるだけで眺望が無くて面白みの無い山頂』って事は学習してましたけどまあ、「ピークハンター」としてはとりあえず山頂を踏んどこう!って事で。でまあ、こんな感じの相変わらず面白みの無い標高859メートルの山頂でございます。んで、養老山のピークハント後はこれまた前回と同じく、三方山経由の登山道にて下山を。当然、下山道中でもしっかりと紅葉を堪能。



こんな鮮やかな黄色い葉っぱや、



紅葉の定番、ヤマモミジ(かな?)の赤い葉っぱを堪能しながら15時チョイ過ぎ頃、無事に下山完了。で、快晴でお日様にギラギラと照り付けられた結果、しっかりと汗をかいて下界(笑)の養老の滝に降りてみたら、紅葉を求める観光客が大挙押し掛けていました。もう、養老の滝は大盛況でありましたよ…って書くと何だか居酒屋が大盛況みたいな感じ(笑)ですけど。で、そんな観光客に埋もれつつ駅方面に。いかにも山登りな服装かつ恐らく汗臭いであろう自分の姿はさぞかし浮いてるんやろなあ…と思いつつ、養老駅へと戻って本日の山行も終了っす。いやあ、紅葉を堪能いたしました。でもってやっぱり「月2」ぐらいは山に行きたいなあ…とも思ったのでありました。