がんぶろ

生活垂れ流しブログ

今日の「ありがとうアップルミュージック」

ここ最近の通勤時間は、アップルミュージックが日々あれこれと「ご提案」してくれるコンピレーションものを聴いているのですが、そんな中から本日、朝の通勤時に、ふとチョイスした、1960年代のブルーノート作品のコンピレーションで、聴いた事が無かった「エエ曲」と出会いました。

ザ・ジョディ・グラインド

ザ・ジョディ・グラインド

  • アーティスト: ホレス・シルバー,ジェームス・スポールディング,ラリー・リドレー,ウディ・ショウ,タイロン・ワシントン,ロジャー・ハンフリーズ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1997/08/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 この、ホレスシルバーの「The Jody Grind」ってアルバムに入っている『Greace Piese』って曲。コレがめっちゃカッコ良かったのでした。まず、先発ソロのラッパに即反応。私のアイドルのひとり、ウディ・ショウだってのは速攻でわかりましたが、コレが、キレッキレのアドリヴで、わー、このウディ・ショウ、エエなー…と聞き惚れたその後に続くサックス陣のアドリヴもキレッキレで、カッコ良くて、思わぬ「掘り出し物」を紹介してくれたアップルミュージックに感謝したのでした。

で、「うわー、このアルバムって、こんなカッコ良かったんやあ…」と思い、早速、返りの電車では、アップルミュージックにて、このアルバムを検索して聴いてみました。

…あれ?

カッコ良かったのは、先の『Grace Piese』だけで、他の曲はそうでもなかった(笑)でした。

いやあでも、重宝してますわ、アップルミュージック。