読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

トレーニング状態

学校関係な職場の経理業務といたしまして、学生用に設置した「1枚10円」のコピー機利用料の回収及び入金のお仕事があるのですが、その中の1台のコイン回収ボックスの鍵が行方不明になっていて回収が出来ず、が、その間もコピー機は稼働しており、そんな中、ふとその紛失していた鍵が見つかって、一昨日、ほぼ半年振り(笑)にコインボックスを「開錠」出来たのですが…

まあ、半年も放っておいたまま稼働させていたので、当然と言っちゃあ当然なのですが、その中には溢れんばかりに硬貨が入っていて(実際に扉を開けたら溢れましたけど。)、よくもまあ、こんだけ中に硬貨が入ったままで動いてたなあと思う程で、2人掛かりで硬貨を回収して、事務所で枚数を数えたら…約5,000枚(笑)ありました。

んで、銀行に連絡を入れて本日、入金に行ったのですが、さすがに手提げ鞄では持って行けないと思い、リュックを持参してそれに硬貨約5,000枚を入れて、徒歩10分程度の銀行へと持って行く事に。

そして全ての硬貨をリュックに入れていざ、背負ってみようとリュックを肩にかけてよっこらしょっと持ち上げてみようと思ったら、予想以上の重量で、一瞬怯みましたが、なんとか背負う事が出来ました。いやー、多分20kg以上はあったかと思います。

で、事務所を出て銀行へと向かったのですが、約5,000枚の硬貨を背負うのは、なかなかの負荷でありまして、猛暑の中を5,000枚の硬貨が入ったリュックを背負って銀行へと歩を進めつつ、ふとこの、

aganism.com

エバレスト登頂のために、「片足に5kgずつの重りを装着、背中に20kgのリュックを背負って街中を歩き回る」と言う、三浦雄一郎氏のトレーニングを思い出してしまいました。

ちゅう事で、私も不意に三浦流トレーニングを体感する事に。いやあでも、硬貨を入金して、空っぽになったリュックを背負って帰ろうとした時の1歩がめっちゃ軽く感じて、まるで宙に浮きそうな錯覚(笑)を覚えたりなどしましたなあ。