読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

初日は普段通り

9連休初日です。

で、初日は特に予定のない休日にてスタート。ちゅう事で、午前中は家でのんびりと。

f:id:gan_jazz:20170429113047j:plain

今年も庭の牡丹が咲きました。

でまあ、午後からは例によって近所のシネコンで映画鑑賞でも…とか思ってましたが、特にコレを!って作品が上映されていませんでして、うーむどうしようかと思っていたら、急に晴れていた空が真っ黒な雲に覆われたかと思えば、暴風雨になって、その天候急変に出鼻をくじかれて映画鑑賞は中止、自部屋で真面目(?)にラッパの練習を。

その後暴風雨は急速に立ち去って、17時頃にはまた元の青空に。なので、5月2日のゴルフに向けて、1時間程ゴルフ練習場にて練習を。

で、晩は「9連休の幕開け」っちゅう事にかこつけまして、

f:id:gan_jazz:20170429205915j:plain

先日、成城石井さんで買い求めた「クイーン・モン・ペラ」を開封。切れてるカマンベールチーズをアテにして飲みました。

と、やっぱり「いつもの土曜日」みたいな過ごし方にてスタートする9連休初日でした。

明日から9連休

2017年4月28日金曜日。

なのではい、仕事上では4月末最終日っす。

そしてはい、うちの職場は明日から9連休です。

なのですがはい、なんかあんまし実感が湧きません。

と言ってもはい、それなりに「予定」は入ってます。

でもはい、なんかまだいつもの土日休み前日感覚っす。

多分はい、9連休に向けて気合を入れていないからだと思います。

なのではい、なんかまだいつもの週末金曜日な感じで迎える9連休前夜っす。

あいさつは大事

自宅から最寄り駅までのルートに小学校があります。自分の母校ではありませんが。

で、朝の出勤時はちょうど登校時間でして、道路に面しているその小学校の正門前には横断歩道と押しボタン式の信号がありまして、そこには毎日当番で保護者の「見守り隊」さんが立っているのですが、今年の4月から、どうやら新任の先生と思しきやや年配の男性が毎日そこに立っておられて、その横をチャリで通る度に毎朝「おはようございます」とあいさつをしてくれるようになりました。なのでこっちも毎朝「おはようございます」とあいさつを交わして通り過ぎるようになりました。

で、そんな事になってからほぼ1ヶ月が過ぎようとしている今日、いつものその小学校の正門前に近づくと、今日はその先生の姿が見えず、朝のあいさつを交わす事なく小学校前を通過。するとなんだかちょっと物足りないと言いますか、なんかスッキリせずにムズムズしたままな感覚がありまして、いやあ、他愛もない事ですけど「あいさつ」するってのは大事って言いますか、それをするとしないとではこうも気分が変わるものなのかってそう思いましたなあ。

…と、そんな事を思ったらふと、今や懐かしいこのCMを思い出しましたよ。


[AC CM] あいさつの魔法。 (60sec.)

はい、あの「ポポポポーン」っす。なんか「ポポポポーン」のフレーズが印象的過ぎて、これが「あいさつ啓蒙CM」って事を忘れかけていましたわ。

また新たなベイシー動画

今日もまた、仕事帰りの通勤電車内はYouTubeで動画鑑賞を…と思い、iPhoneYouTubeアプリを立ち上げたら、観た事の無いベイシー動画があったので、観てみる事に。この2つの動画っす。


Count Basie And His Orchestra 1979 part 1


Count Basie And His Orchestra 1979 part 2

1979年のオランダでのジャズフェス?かなんかの際の映像ですかな。コレもまた、とっても臨場感のあるカッコ良いライブ映像でございます。特に、ベイシー御大とフレディ・グリーン(g)御大と若きブッチ・マイルス(ds)が非常にカッコ良いライブ映像っす。

久々に観ててテンションがアガったライブ映像でありました…と書きつつ、ホームでの待ち時間を含めて帰りの電車内なので、せいぜい20分程度しか観ていませんが。明日から暫くはコレを観ながら帰ります。

酒席での非礼は酒で詫び

先週金曜日の職場飲み会にて、店を出て駅方面へと向かって歩いているうちに、上司殿を含む他メンバーがどんどん先に行ってしまい、気が付けば誰もいなくなってしまっていたので「わ、一人残されて先に帰られてしもた!」と思い込み、そのまま一人で駅のホームに入って帰ったところ、実はみなさんはまだ帰っておらず、それどころか遅れて追いついてこない自分を探していたと言う事実が判明し、昨日、「エエ年をしたおっさんがみんなに挨拶もせずに勝手に帰るとは何事か!親しき仲にも礼儀ありやぞ!」と久々に厳しく叱責(笑)されたのでした。いやー確かにいつもより飲みすぎて酔いが回っていたとは言え、いろんな事を忘れてしまっておりまして、反省しきりであります。

んで、叱責はその場限りで謝罪してスッキリと終了…だったのですが、やはり自分としてはまだ謝罪が足りんよなあと思ってまして、今日、ちょうど給料も出たトコロでしたので、ふと「酒席での非礼は酒で詫びよう」と思い付き、仕事帰りにデパ地下の酒売り場に立ち寄りまして、

f:id:gan_jazz:20170425201924j:plain

ありがたくもご指導ご鞭撻ご叱責を賜ったお二方への「詫びの酒」を購入。

んで、「お二方」なのに何故酒箱が3つ並んでいるのか?と申しますれば…右端の包装されていない『〆張鶴』は自分用(笑)っす。なんか美味しそうだったので勢いで購入。までも2,000円程度です。そのうち飲みます。

名古屋にも来て欲しかったなー

本日の「仕事帰りの通勤電車内でのお供」はYou Tubeで動画鑑賞。


Till Brönner - The Good Life (Filtr Sessions - Acoustic)

コレを鑑賞しました。ティル・ブレナーのPV?ライブ動画?なんかよくわかりませんが、最新アルバムの、

GOOD LIFE

GOOD LIFE

 

 コレのタイトル曲「The Good Life」ですな。

いやーなんか、落ち着きのあるしっぽりとしたエエ演奏ですなあ。いつかこんな演奏が出来るようになりたいよなあ…とか思ったりなど。

んで、この動画は「おすすめ」に上がっていたのですが、やっぱりそれは昨日から3daysでティル・ブレナーがブルーノート東京に出演しているからなのか?とか思ったりもしましたがまあ、それはただの偶然、あちゃうわ、フェイスブックに上がってたBN東京のライブ情報動画をクリックして再生したからそれに連動したんやわ、多分…とか、そんなことを思いつつ、あー名古屋のブルーノートにも来て欲しかったなあ、ティル・ブレナーとか思いつつ、電車に揺られてこの動画を観て帰宅した本日。

「むっちりスカヨハの全裸風アクション」を観に来た(ゴースト・イン・ザ・シェル)

で、ラッパの練習もしたので午後からはいつものシネコンに映画鑑賞に。

コレを観ました。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告

コチラ、「ゴースト・イン・ザ・シェル」でございます。

ちょっと前に映画館で予告編を観た時に面白そうと思ったのですが、公開以降、ウェブでの評判があまり「よろしくない」感じでして、参考にしている某映画教論サイトに至っては、

むっちりスカヨハの全裸風アクションだけにお金を払う結果となってもかまわないという人にならばすすめられる。

とまで書かれる始末。

が、逆にその辛辣なコメントに興味をそそられて、その「むっちりスカヨハの全裸風アクション」を是非とも観てみたくなった(笑)ので鑑賞決定。

ちゅう事で「クソ映画上等」な気分で鑑賞したのですが、巷の評価よりかは面白かったです。スカヨハさんも綺麗でしたし。舞台となっている都市が『ブレードランナー』的な世界で、それも懐かしさ半分でエキゾチックでしたし。

あと、ビートたけし氏も主要キャストで出演してまして、セリフはすべて日本語で、それに英語の字幕が付くのですが、滑舌が悪くてその日本語のセリフが聞き取り辛くて、思わず英語字幕で内容を確認(笑)したくなるのも「みどころ」かもです。