読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

2年前か

日常

今日は仕事帰りに駅前の百貨店へ寄り道を。

と言いますのは、そこの百貨店で今週から始まった紳士服の催事にて、スーツを新調するためであります。んでこの催事、

gan-jazz.hatenablog.com

約2年前のこの日と同様の催事でありまして、今回は2着で6万円程度のイージーオーダーではなく、それよりさらに安価な既製服2着で4万円程度のヤツにしよう…と思ったのですが、いざその既製服の売り場で探してみると、私のサイズでの展開数が少なくて(=デブサイズは種類の取り揃えが少ないの法則)、エエ感じの生地のモノが見当たらず、だからと言って妥協するのもイヤだったので、結局前回と同じく2着で6万円程度のイージーオーダーにする事に。

で、2年前の採寸データが残ってましたので、簡単な採寸のし直のみで、あとは自分の気に入った生地を選んで終了。前回よりも早く終わって楽なお買い物でした。

ちなみに、なんでまたスーツを新調しようと思ったのかと言いますと…先般の接触事故時に転んだ際、2年前に作ったスーツを着てまして、転倒した際、下のパンツが破けてしまって着られなくなって、今は残りの1着をほぼ毎日着用する事になってしまったからなのでありました。

わー、これも自転車同様に「事故で破損した物品」でしたわ。

フリスクマスク

日常

インフルエンザが流行っていた、

gan-jazz.hatenablog.com

 この時期からずっと通勤電車内ではマスクを着用してまして、まあ、いつもならばインフルエンザが鎮静するこの時期にはもうマスクを外すんですけど、最近は唇の保湿にもなるし、あと、満員電車内で「キッツイ臭い(いろんな意味で)の人」の横に位置取る事になってしまった際に「臭いブロック効果」があって重宝(笑)したりして、しかもここ最近はまた花粉症の季節でマスクをしてる人が多くて、マスクをしていても目立たないって事もあって、そんなこんなでマスクを着用する日々なのです。

と言う事で、使っているマスクが薄ら汚れて来て、ストックも無くなったので、新たにこのマスクを導入してみました。

 はい、話題になった「フリスクマスク」でございます。フリスクのスーッとする香りの付いたマスクっちゅう事で、軽度の蓄膿症で鼻が詰まりがちな私にゃ最適な機能が付いたマスクじゃあーりませんか!と、TVの情報番組でこの製品の存在を知った時以来、一度試してやろうと思っていたのでした。

んで本日、初めて装着してみました。まあ確かに「フリスク」でした。スーッとする香りがします…がまあ、鼻詰まりがたちどころに解消する程の強さでは無く(まあそんなに強くしたら逆にキツいかとは思いますが)、それ以上にちょっと残念だったのが、今までのマスクよりも息が上方にたくさん漏れまして、メガネが曇りまくってしまう点でありました。うーむ、これはちょっとアカンっす、メガネ野郎には。

って事で、私にとって一番必要なマスクの機能は「メガネが曇りにくい」って事でした。

有給取って復帰ゴルフ

休日

ちゅー事で、職場の選抜部隊にて有給を取得して平日ゴルフでございます。

でまあ、さすがに3月にもなると過去2回のような「コッチは晴れてるけどゴルフ場付近は降雪でクローズになって中止」なんて事は無く、無事に開催の運びとなりまして、早朝6時に集合してゴルフ場へ。

f:id:gan_jazz:20170315122056j:plain

んで、先の接触事故の際での右胸部側面の打撲痛もまだちょっと残っているし、1ヶ月ほど練習をサボっててこの前の事前練習では散々やったしなあ…と、おっかなびっくり状況での参加でありましたが、フタを開けてみればまあ、打撲痛の影響も特に無いし、練習をサボっててズタボロだろうと思われたスコアの方も意外といつも通りでして、ホッとひと安心な復帰ゴルフでありました。

そしてやはり平日なだけあって人も少なめで、ラウンドもスムーズに進行して、午前8時スタートで14時前には終了、解散となりまして、

f:id:gan_jazz:20170315144143j:plain

まだこんな青空のうちに帰宅したのでした。なので、帰宅後にラッパの練習とかも出来たりしまして、まあ、朝早いのはちょっとツラいですが、早い時間に帰れるってのはエエですなあ。

とまあ、そんな「有給取って平日に復帰ゴルフ」でありました。

ちなみに、5日後の春分の日も、同じく職場の皆様とゴルフの予定っす。(笑)

コレにほっこり

音楽

仕事を終え、明日の「有給ゴルフ」を目前に控えて徐々に緊張(笑)しながら帰宅途中に、不意に手持ちのグローブが若干小さめだった事が気になり、ビックカメラのゴルフ用品売り場に立ち寄って手持ちより1サイズ大きいグローブと、念のためにボール10球(=ロストボールを洗浄して安価で再販売しているヤツ)を買い込んでから駅の改札へ…と言った、いつもながらの「小心者行動」をしつつ帰りの電車へと乗り込み、ツイッターを見ていたら、こんなアルバムの情報に思わず「ほっこり」してしまったのでありました。

diskunion.net

え?「Blue City」?大阪?ってあの上新庄の?あそこで演ったライブのCD?…と、その『Blue City』 と『大阪』ってワードに驚き、そしてついつい懐かしさにほっこりしてしまったのでありました。

…いやあでも、ペーター・ブロッツマン…知らんなあ…『フリー・ジャズの御大』ってかあ…やっぱ知らんなあ…マニアック過ぎてわからんなあ…まあ、あそこのマスター、フリーとかも好きやったしなあ…

と、懐かしみつつ、アンノウンなミュージシャン情報に首をかしげる事しきりだったのでありました。

…多分、と言うか絶対買いませんなあ、このCD。

コレに心躍るオレはマニア

音楽

フェイスブックで知ったこの動画を何気に観始めたら、すっかり心踊らされてしまったのでありました。


【久保義一&エリック・ミヤシロ】1966年発売のヤマハトランペット第一号を吹く!

ヤマハの歴代トランペットを、ヤマハユーザーでもある「日本トランペット界の巨匠」お二方が「吹き比べ」する動画であります。

で、このYou Tubeの動画は3:10なのですが、実は私が観た方はフェイスブックにUPされている、コチラの「長尺バージョン」でありまして、

www.facebook.com

先の編集版のほぼ5倍、がっつり14:25のバージョンっす。いやあ、面白かった。

久保先生とエリック先生の「マニアなやりとり」(笑)をがっつりと味わっていただきたいっす、ラッパ吹きのみなさまには。

恒例チアと復帰準備

休日

日曜日。

で、本日はこの時期の恒例行事、姪っ子の通うチアダンス教室のイベント?発表会?に母親を連れて観戦に。場所も毎年恒例、某商業施設の吹き抜け広場。

f:id:gan_jazz:20170312131937j:plain

こんな感じっす。親御さんたちが必死こいて我が子を撮影する人だかりの後ろから、若干遠目でいつも観ているのであります。ちなみに、この教室に通っている下の姪っ子も、4月からはもう中学生だから…毎年恒例のこの「行事」も、そろそろ終わりかもしれませんなあ。

んで、イベント終了後は、ミスドで軽くお茶した後はサクッと現地解散して帰宅。そしてその後は、来たる15日に予定されている「有給取ってゴルフ」に向けて、

f:id:gan_jazz:20170312164616j:plain

いつもの練習場へ。
何気にここ最近はゴルフ練習をサボっておりましたので、ほぼ2ヶ月振り(笑)の練習でありまして、おまけに先の事故でまだちょっと右胸が痛い状態ですので、「ホンマにこんな状態で15日にゴルフコース回れんのかい?」ってのを検証する意味合いも含めての久々ゴルフ練習っす。

んで、右胸部打撲痛が悪化しないかとビビりつつも150球程打ちまして、まあ、久々で当たりは散々でしたが、右胸部も大丈夫そうだし、とりあえず球も前に飛ぶ(笑)ので、なんとか15日はいけるでしょう、って事を確認して練習終了。

f:id:gan_jazz:20170312174922j:plain

今日もエエ天気でしたねえ。

オサレなバップ

音楽

で、復活の狼煙をあげたラッパ練習のモチベーションをアゲるべく、いや、もともと行くつもりにしていたのですが、夜は名古屋の老舗ジャズ・ライブハウスのジャズ・イン・ラブリーさん…の前に、散髪したかったのでいつも行く散髪屋に立ち寄った後、まだちょっと時間があったので、近くにある地元で一番大きな神社に参拝。

f:id:gan_jazz:20170311174657j:plain

はい、接触事故を起こしましたんで、その「厄」を落としてもらおうと参拝したのでした。

んで、ラブリーさんへ。

f:id:gan_jazz:20170311191827j:plain

本日お目当のライブはコチラ。増原巖(b)さんが率いるバンド『OMD』のレコ発ツアーっす。

チェンバー・ミュージック

チェンバー・ミュージック

  • アーティスト: OMD(増原巖 One More Drink),増原巌,市原ひかり,石田衛
  • 出版社/メーカー: ドゥラックジャズ
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

このアルバムです。タイトルが「チェンバー・ミュージック」=「室内楽」ですので、む?クラシック寄りなのか?もしかして『ロココ・ジャズ」みたいなんか?バップじゃないんか? とか不安視しましたが、このメンバーならバップっしょと信じて(笑)、あと、市原ひかりさん(tp)を久々に聴きたかったので、このドラムレス・トリオ編成だと市原さんのラッパをがっつり堪能出来るだろうと思いまして。

f:id:gan_jazz:20170312091616j:plain

今日はステージに正対したカウンター席に陣取る事が出来ました。なので、ライブ風景の撮影も出来たりなど。

で、肝心の演奏の方は、しっかりとバップでありました。いやあ、市原さんやっぱ上手かったですなあ。でもってこのドラムレス・トリオ編成は、やっぱりちょっと静かでオサレな感じになるのですが、中身はクソバップ(笑)で、そのバランスが絶妙でありました。あと、市原さんのトランペットの塗装が光の加減で色が青や赤に変化するタマムシみたいな塗装で、それが気になってしまいました。

いやあ、さすがでした。モチベーション、アがりました。