読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんぶろ

生活垂れ流しブログ

岐阜・鳩吹山(2回目)〜愛知・継鹿尾山(3回目)

本日も貴重な「梅雨の合間の晴天」って事で、クソ暑い(笑)のではありますが山行に。んで本日は先般6月10日、無念のリタイヤをしてしまった「継鹿尾山〜鳩吹山の縦走」のリベンジに。気候条件も前回とほぼ同じ。でも今回は起点を逆にして、鳩吹山からスタートする事に。名鉄広見線可児川駅から鳩吹山の登山口へ。約1年半振りの鳩吹山再訪問の割にはしっかりと道を記憶していてすんなりと登山口に。



で、雑木林を縫う登山道を軽快に登って40分程度で山頂に到着。直射日光を遮ってくれる樹々がこの時期非常に有り難かったのでありました。



いやあ、快晴でしたので御嶽山や白山のお姿がばっちりと。前は全く見えなかったのでちょっと感動してしまったのでありました。まずは見えると思っていなかった白山をズーム。でも快晴過ぎて写真だと白濁してよく見えませんなあ。



そして御嶽山ズーム。その左には乗鞍岳までが見えていましたよ。めっちゃ快晴。暑いけど。でもってこちらもやっぱり白濁モード。うーむ。んで、山頂のベンチにてコンビニのおにぎりを食した後、継鹿尾山へと続く縦走路へと向かいます。



ところがこの鳩吹山、人気の山だけあって複数のルートが。んで、この分岐に到着した時点で次なる目的地の「西山」へはどのルートを選択すれば良いのかわからなくなってしまいました。で、しばしその場に佇んでうーむと悩んでいたら、後ろから来た熟練らしきお父さんからルートを教えて頂いて「北ルート」へと。このお父さん、毎週この鳩吹山に登っているそうな。そう言われればこのクソ暑い中でも軽い足取りでしたなあ、このお父さん。



んで、そのお父さんに教えてもらったルートに従って西山を目指せども、登山道中には「西山」への道標が一向に現れませぬ。おまけに案の定、この暑さがぐいぐいと体力を奪って次第にヘロヘロ状態に。でも今更戻る訳にもいかず、汗をだらだらと流しつつヘロヘロになりながら進めどもやっぱり一向に道標は現れず、あかん、こりゃ迷ったかも…と思いつつ足を進めていたら、不意に西山山頂に到着しました。これと言った道標に遭遇しないまま不意に到着してしまった山頂にぽかーんとしつつ、しばしの休憩後に先へと進むのでありました。



んでその後は西山を下ってお隣の継鹿尾山へと向かいます。これが予想以上の距離でありまして、前回断念した地点まで辿り着く間に暑さにやられてこれまた結構なヘロヘロ具合になってしまったのでありました。でまあそんな状況になりつつも何とか継鹿尾山の山頂へと到着。東屋でしっかりと休憩するつもりだったのですが、先客が居たので遠慮してそそくさと中腹にある寂光院へと下ります。



そして30分程度で寂光院に到着。暑さにやられた結果、持参した合計1リットルの水だけでは足りずに寂光院の休憩所で缶ジュースを買い求めて休憩した後、名鉄犬山遊園駅へと。てな感じで本日の山行も無事に終了したのでありました。しかしまあ、何とか先日のリベンジは達成出来たのではありますが、やっぱり本日も「暑さ」にやられてしまいましたなあ。