がんぶろ

生活垂れ流しブログ

愛は勝つ

昨日は、自分の「今後のラッパ人生の方向性」が決まった1日(大袈裟)でしたが、奇しくも同日に、今後の大阪市の方向性が決まる「大阪市特別区設置住民投票」の投票日でして、過去に10年程「大阪市民」でありましたところの私も、当然、大いに気になっておりました。

で、自分としては、この件に関しては、ろくに「学習」もせずに、直感的に思った事で心苦しいのですが、第2の故郷と思っている大阪市を『勝手に壊される』ような気がして、「反対」でありまして、でも当日の情報では賛成と反対が拮抗していて微妙…と言う事で、さらに大阪へと向かう新幹線の車中で、同じく反対を訴える、大学ジャズ研同期の「ご学友」、きし先生が書き綴った、

不安と憎悪の果て | sociologbook

コレを読んで、同感しつつ、そしてちょっと心配になりつつ、「現地入り」したのでした。

んで、スタジオに向かう道すがら、

f:id:gan_jazz:20150517164249j:plain

こんなポスターの掲示を見つつ、スタジオ近くの小学校が投票所になっているだろうと思い、わざわざ小学校の前を通る道順でスタジオへ向かい、投票所前で、それぞれ「賛成」、「反対」を訴える支持者の人々を横目で見ながら、「ああ、どうなるんだろうなあ…」と、心の片隅で思いつつも、その後は自分の事で精一杯(笑)で、投票が終了した約2時間後の、帰路の新幹線の車中で再び気になって、新幹線車内の電光掲示板に流れるニュースで結果が出えへんかな…とか思いつつ見ていたけど、いっこうに結果を伝えるニュースは流れず、やきもきして、iPhoneを手にして、SNSに流れる情報を見て、ようやくそこで「反対多数で廃案」となった事を知って、ホッと一安心し、一夜明けた今日、新聞TVやのニュースで、その詳しい結果を見て、改めて「ああ、よかったなあ…」と思ったのでした。
んで昨晩、「反対多数で廃案」の一報を知った時、刹那に「あ、みんなの『大阪愛』が勝った!」と思ったので、本日はこのタイトルにしました。

ちゅう事で、昨日は、この件と言い、自分の件と言い、色々と「愛」を感じた1日でしたかなあ。