がんぶろ

生存記録兼報告ブログ

共通点と憧れと(PERFECT DAYS)

そんな2024年の元日は、2年ぶりの自宅で過ごす元日。

でも、ウチはもう高齢の両親と独り身のオサーンな家族構成で「晴れやか」な雰囲気も無く、朝食をお雑煮にしてちょっとだけ正月気分を味わって、あとはもう普段通り。(笑)

で、さらに地元ショッピングモールも元日から営業で、すなわち併設の地元シネコンもシッカリと元日から営業(っちゅうか映画館は全国一律元日もほぼ営業みたいっすね。おまけに毎月1日はファーストデーで割引料金)なので、いつものルーティンで地元シネコンへ映画鑑賞に。

んで、コレを観ました。

はい、

gan-jazz.hatenablog.com

この前観た「PERFECT DAYS」をおかわり鑑賞っす。

ちゅうのも上映ラインナップで他に観たい作品が無かったのと、この作品にどハマりしてしまい、もう一度観たい!と思ってまして。

いやー、初回鑑賞後にすっかり「感化」されちまいまして、

dirtyyoungman.com

作品内で使用されていた楽曲を調べて、Apple Musicで『プレイリスト』を作って、それを車を運転しながら聴いて、映画の中の主人公「平山」の擬似体験?なんかしてしまったりする程のどハマりっぷりでして。(笑)

なんかねえ、役所広司さん演じる主人公の『平山』に共通点みたいなんを見出してしまいまして。寡黙、真面目、生活パターンの繰り返し、独り身…なんかそんなところにシンパシー?共通点?みたいな、そんな感情を抱いてしまいまして。

加えて、そんな「共通点」とは別に、自分には無い部分への憧れみたいなんも同時に抱いたりなども。独りでほぼ毎日、仕事を終えた後は浅草の地下街の居酒屋

www.enjoytokyo.jp

(ココね。めっちゃ良い雰囲気)に、何も言わなくても酒とお通しが出るほど通ったりとか、行きつけのスナックがあったりとか、人見知りの自分には出来へんし、フォークナーなどの文学小説を読み耽るとか、TVの無い生活をするとか、木の苗木を採って来て盆栽?にして毎朝霧吹きで水を与えて世話をしたりとか…なーんかね、主人公のやっている様々な「ちょっとした事、だけど自分には出来ない事」に憧れを持ったりなどしまして。

と、そんな「どハマり」した作品をまた今日観たけど、2回目もやっぱり良かったな。

余談だけど、映画鑑賞中に能登半島の方で大きな地震があって、自分を含め鑑賞客みんなのスマホから『緊急地震速報』の、あのけたたましい警報音が鳴ったと同時にガタガタと揺れ出して、おー地震や、結構揺れてるし、大丈夫なんか?これ?とか思いながらも上映は続行されて、結局その後揺れは止んでそのまま最後まで鑑賞したのでした。

www.sankei.com

かなり大きい地震だった。ウチのエリアは震度3。あれで震度3なんか。もっと揺れた気がしたけど。座席に座っっていたからかも。