がんぶろ

生活垂れ流しブログ

フルバン「GLION FESTIVAL 2016 出演」帰阪

はい、「GLION FESTIVAL」当日っす。

んで、集合時間の13時に間に合うように家を出て、先般下見した「GLION MUSEUM」には集合時間の30分前に到着。

f:id:gan_jazz:20161123125142j:plain

f:id:gan_jazz:20161123124926j:plain

イベントは12時から開始なので、到着した頃には始まっていました。

f:id:gan_jazz:20161123125459j:plain

で、演奏する場所はこんなトコロ。赤レンガ倉庫内に造られた、オールド・カーを展示する博物館の一角っす。ここで、3つのアマチュア・ビッグバンドが演奏して、その前でオサレなオールドファッションに身を包んだ方々がダンスに興じます。

ウチのフルバンは2組目の出演。なので、まずは1組目の「高槻ブルースリッパーズ」さんの演奏を鑑賞。

f:id:gan_jazz:20161123130530j:plain

ウチと同じく社会人のビッグバンドさん。本日はベニー・グッドマン楽団の曲のみを演奏してはりました。

その後、あっという間にウチの出番が回って参りまして、

f:id:gan_jazz:20161123141519j:plain

はい、ウチの出演時間となりました。で、曲の合間に演奏側から記念撮影。こんな感じでバンド前方のスペースで、曲に合わせてダンスしまくりっす。ダンスホールの再現で、いやあ、初めて見る「光景」で、新鮮でしたなあ。

f:id:gan_jazz:20161123161546j:plain

そして3組目は京都大学の現役ビッグバンドの「京都大学 Dark Blue New Sounds Orchestra」さん。ご存知、エリントン特化バンドでございます。という事でもちろん演奏曲はデューク・エリントン楽団のレパートリーのみ。

f:id:gan_jazz:20161123162905j:plain

ちなみに、ウチの演奏でもそうでしたが、バラード曲を演奏すると、さすがにダンサーさんたちは踊らずに「休憩タイム」になりまして、前方スペースが空くので、バンドの全体を写す事が出来る(笑)のでありました。

ってな感じで、本番はあっという間に終了したのですが、イベント終了後の打ち上げにも参加するつもりでしたので、それまでの時間がたんまりとありました(笑)ので、その間はミュージアム内に展示されたオールド・カーをしこたま鑑賞。実はこっそりとオールド・カーが好きでして、嬉々として記念撮影しちまいました。全部で12枚。では、その全てをイッキに(笑)どーぞ。

f:id:gan_jazz:20161123153813j:plain

f:id:gan_jazz:20161123153721j:plain

f:id:gan_jazz:20161123153830j:plain

f:id:gan_jazz:20161123153901j:plain

f:id:gan_jazz:20161123153939j:plain

f:id:gan_jazz:20161123154004j:plain

f:id:gan_jazz:20161123154018j:plain

f:id:gan_jazz:20161123154246j:plain

f:id:gan_jazz:20161123154417j:plain

f:id:gan_jazz:20161123154843j:plain

f:id:gan_jazz:20161123154918j:plain

f:id:gan_jazz:20161123155018j:plain

いやー、カッコいいっすなあ。(笑)

あと、オールド・カー以外で「気になった」モノたち。

f:id:gan_jazz:20161123130314j:plain

赤レンガ倉庫の外にあった「たばこのむな」の注意書き。恐らく昔の注意書き看板をそのままにしているのかと思われます。昔はたばこを「吸う」じゃなくて「のむ」って言ってましたよねえ。ウチの祖父や父親もたばこを「のむ」って言ってましたわ。

f:id:gan_jazz:20161123170621j:plain

倉庫の隅に追いやられていたペッパーくん。電源を切られてうなだれている姿がシュールでした。

f:id:gan_jazz:20161123172242j:plain

施設の外にはクリスマスツリーが。綺麗でした。

んで、18時過ぎにイベントが終了し、後片付けをお手伝いした後、19時30分からの打ち上げにメンバー5名と共に参加して、日帰りで帰るので21時に中座して帰途へ。

…と、華やかで楽しいイベント及び演奏でしたが、個人的にはダメダメでして、それに輪をかけて今回の自分以外のラッパ・セクションの「トラ」のお三方が、ダメダメな自分とは正反対にめっちゃ上手くて、自分の下手さと進歩のなさに愕然、辟易としてしまいまして、一人で勝手に凹んでしまい、気分はあまり晴れやかではなかったのでした。むう。